ANA 国内線普通席でビジネスクラス体験(成田-伊丹)

この手の記事、以前にも書きました。ただ今でもよく聞かれますし、先週月曜日にまた乗ったので、改めて書きます。新たに気づいたこともあったので。

まず、【成田-伊丹の国際線機材】について、改めて説明します。

国内線の成田-伊丹では1日2往復のうちの伊丹発の朝便、成田発の夕方便において「国際線機材」で運航されています。国内線の機材となにが最も違うかというと「シート」です。例えば、ANAの場合、国内線のボーイング777型機だと、プレミアムクラス/普通席の2クラスなのが、国際線しかもニューヨークやロンドンに行くような長距離向けだと、ファーストクラス/ビジネスクラス/プレミアムエコノミー/エコノミークラスの4クラスになります。国際線機材を国内線で運航する場合もシートはそのままで、ファーストクラスがプレミアムクラス、ビジネスクラス以下が普通席に割り振られます。ので、「普通席の運賃でビジネスクラスのシートに座れる」というわけです。プレミアムクラスの運賃だとファーストクラスになります。

JALも同じく国際線機材で運航されていますが、仕組みが若干違い、ファーストクラス/ビジネスクラスがクラスJ、プレミアムエコノミー/エコノミークラスが普通席です。クラスJは普通席の運賃に1,000円足すだけなので、ANAのプレミアムクラスよりも随分安くてしかもファーストクラスのシートまで体験できる! のはかなり良い。ただ現在、JALの成田-伊丹の国際線機材が以前の777-300ERでなく、短中距離向けの767-300ERとなり、ファーストクラスの設定がない機材に変わってしまったので、以前ほどいい思いはできなくなってしまったのが残念。機材もシートもやや古めですし。

さて、今回はANAのNH2176便、伊丹発成田行きに搭乗しました。運賃はもちろん普通席で、事前予約ではビジネスクラスのシートは確保できず、プレミアムエコノミーをひとまず押さえていましたが、搭乗前日に再チェックすると1席だけ空いていたので、即・座席変更。

ANAのビジネスクラスは、国際線の欧米路線で実際に数回搭乗したことがあるものの、最近は他社のほうが多めにつきご無沙汰で、この「スタッガード」なシートは久々でした。機内に入って座るとやはりスペシャル感あります、何度乗っても。

座席を選べなかったので、窓が遠い(苦笑) いつもは窓に張り付いてタキシー中もカメラで飛行機を撮るものの、今回はそれができないので、のんびりシートを堪能することに。

率直な感想、「広い」です。1人あたりのスペースが本当に広く、プライバシーもある程度で確保されてます。窓側席のほうはもっとプライベート感ありそう。荷物を置くスペースもあるし、本当に贅沢。

もちろんシートは「フルフラット」になります。実際にフルで倒してみて、これにマットレスや布団、枕があればおそらく熟睡できそう。ただ、通路側しかも最前列でトイレに行くルートなので、通路を歩く人たちがちょっと気になるかも、とも。

電源関係は当然ながら、AC電源もUSBもあります。モニターの真下にあるので、寝転がったり座っていたりした時に充電している状態では操作しにくいのがやや気になった程度。

 

あと「これはちょっと」と思ってしまったのが、コントローラー。これ、普通席と変わらないかも、です。JALの同じ777-300ERのビジネスクラスだと、コントローラーが「スマホ」タイプになっているのと比べると、ANAのこれはかなりレトロに感じてしまいました。JALのほうがあとからリニューアルしたから新しいのは当然だけど、外資系エアラインのビジネスクラスでも最新のシートはもっと新しいタイプなので、たった数年で古くなってしまう、機内のプロダクトもいかに進化が早いかを実感してしまいました。

あとからシート周りも、よーく見ると経年劣化も・・・(それでもとことんきれいに清掃され、清潔に保たれているレベルはさすが)

シートは国際線であっても、サービスは当然ながら国内線。ドリンクの種類もブランケットも機内販売も国内線。国際線のような映画が見られるわけでもなく、音楽も国内線で聴けるプログラムのみです。ただ、機内誌は国際線バージョンの「WINGSPAN」がシート脇に置かれていたので、CAさんにひと声かけて、いただきました。

伊丹から成田、たった1時間強で到着。それでもシートが違うだけで、毎回リッチな気分になれます。

ANAの成田-伊丹、毎日このシートの機材とは限りません。日によって違います。ANAの場合、公式ウェブサイトの予約ページでその日の使用機材がわかります。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++