LCC ジェットスター 予約変更・キャンセルと手荷物・追加料金

LCCのジェットスター。就航以来マメに乗っております。運賃が安いの、本当にありがたい。そして今年(2017年)すでに9回(!)も乗りました。マスコットキャラクターの「ジェッ太」もおなじみです。上の写真は地元の関空で撮らせていただきました。カウンターに鎮座して、まるで「看板犬」のようです。ジェッ太、かわいい♪

そのジェットスターで主剤した記事、最近立て続けに「All About」で掲載されました。

ジェットスター 予約変更・キャンセルとお得な運賃
ジェットスター 手荷物で注意すべきことや追加料金

以前からある、ジェットスターを利用する時の「基本情報」の記事→ LCC「ジェットスター」 サービスと使いこなし から、特に気をつけて欲しい「予約変更」「キャンセル」「手荷物」「追加料金」などの最新情報を取材してまとめた記事です。「機内に持ち込める手荷物は1個プラス手回り品、合計7kgまで」などを詳しく解説しています。搭乗当日にカウンターで慌ててしまわないために、ぜひご一読ください。

ほかにも、「All About NEWS」で、就航5周年イベントや6月に就航した成田-上海便、ビジネス客向け運賃オプションなども取材して記事になっています。特に、「フレックスBiz」良いです、機内に持ち込める手荷物の制限が大幅に緩和されるので、パソコンやカメラ機材などカウンターでできれば預けたくない手荷物を持って乗る方にはおすすめ。

ジェットスター・ジャパン就航5周年 累計搭乗者数も2,000万人突破へ
片道4980円から! ジェットスターが成田-上海便を新規就航
国内LCC初!ジェットスターがビジネス客向け運賃オプションを販売

ジェットスター、就航当初は出発●時間遅れ、ということもあったものの、最近は「LCCだから遅れた!」なんて経験、実際に何度乗っていてもまったくありません。直近だと、那覇や福岡で遅れたのは滑走路の混雑、成田での遅れは悪天候で、これは大手も同様に遅れていました。

個人的にも、乗る時の心配事は仕事柄、パソコンやカメラの手荷物です。でも実際、ルールに合わせて乗ることができています。ジェットスターの航空券を買う時に荷物の分を先に支払ったり、ちょっと荷物の重さが心配ならば、カウンターの前にあるスケール(計測器)でマメに測ったりもしてます。増えそうな荷物の分は航空券を買う時にサッサと支払っておくほうがあとで身も心もラク。追加しても大手よりもずいぶんと安いことも多々なので。

ご存知の通り、大手もよく乗っておりますし、LCCも乗っています。LCCのほうが運賃が安いのはもちろん、便利なこともあって、特に関西圏から成田に行く時などはLCCのほうが便数も多いですし、大手が小型機もしくはプロペラ機なのにLCCはA320かB737でシート上の物入れが大きくて使いやすい、なんてことも。LCC、初めて乗るまでは「大丈夫かな・・・」と思いながらも、実際に乗ってみて何事もないと「あぁ、なるほど」とまた乗る、LCCがメインになってしまう方も多いです。LCCがもし自分の学生時代に存在していたら・・・と考えると、特に今の若い方々が羨ましすぎる(苦笑)

LCC、上手に使ってください♪

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++