バンコク ドンムアン空港のラウンジ THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE (国内線)

前回の国際線に続き、国内線のラウンジも。同じ「CORAL」グループです。

バンコク ドンムアン空港のラウンジ THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE (国際線)

ドンムアン空港は、ターミナル1が国際線、ターミナル2が国内線。エアアジア、ノックエア、ライオンエアなどのLCCが利用する空港なので、航空会社ラウンジがない代わり、こちらのラウンジがメインとのこと。入口には「プライオリティパス」の幟が、国際線のラウンジと同様に置かれていました。ついで、国際線のラウンジオープンの幟も。ここも「プライオリティパス」があれば無料で利用できます。プライオリティパス推しの謎。

営業時間は朝5時半から。関空から早朝なんと3時半(!)に着いて、次のフライトが7時20分。ラウンジのオープンまで空港のベンチで暇を若干持て余しつつ、マクドナルドとスターバックス、セブンイレブンが24時間営業だったので、その辺をブラブラと。

[PR] 25周年記念キャンペーン、年会費が最大25%オフ実施中!【PriorityPass】

ラウンジを入った瞬間に思ったのが「美しい」「きれい」「清潔」ということ。朝5時半オープン直後の一番乗りで入ったのもあるけど(笑)すぐに気に入りました。国際線のラウンジよりは広くはないものの、ゴージャス感といい、清潔感といい・・・プライオリティパスのラウンジは良いのとイマイチなのとはっきり言って大差ある中でもここは「ピカイチ」だと思いました。素晴らしい!

Wi-Fiや電源、もちろんあります。シャワーはあるようですが、サイトでは「有料」と載っていました。国際線にあったマッサージおばさんは見かけず。

フードも、国内線のラウンジとは思えないほど充実。おつまみ、タイカレー、サラダ、サンドイッチ、スイーツ・・・ドリンクもいろいろと。本当に国内線?・・・と思ってしまうほど。はっきり言って、日本の国内線ラウンジと全然違う、というか航空会社ラウンジでも日本の国内線だとここまでの軽食は置いてないです。

ちなみに、タイの面積は日本の約1.4倍。メシは1.4倍以上。(そもそも日本のカードラウンジがゼロなのだが)

紅茶は国際線のラウンジ同様、TWININGS(トワイニング)。ティーバッグの種類は国際線のほうが多い・・・かも? といっても問題なし。コーヒーは、こちらはドリップマシンでした。

ただ、国内線のラウンジ、廊下を挟んで建物の奥にあるので、国際線のような滑走路ビューではありません。それだけが残念。それでも、密室とは思えないほど開放感があって明るい雰囲気でした。日本の空港に多い密室ラウンジ、ちょっとでも見習って欲しい・・・

★ドンムアン空港についてはこちらの記事もご参考ください♪
All About | ドンムアン空港の過ごし方とバンコク市内へのアクセス

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++