エールフランス 搭乗レポ(バルセロナ→パリCDG )

DSC_0250

バルセロナから次、フランスのパリ・シャルルドゴールまでは、エールフランス。
実は、エールフランス(AF)は人生初です。

スターアライアンス(ANA)とワンワールド(JAL)メインの日本人だと、
AFのスカイチーム、しかも長距離路線はなかなか縁がなく・・・

今回はJAL発券なのでAFになりました。
この2社、微妙にコードシェアしています(大阪パリ便も)

2016-06-07 09.55.59

チェックインは、まず機械でチェックインして搭乗券を印刷してゲット。
同時に、荷物のタグも機械で手に入れる。
その後、荷物を預けるためにカウンターに並んで手続き、という流れです。

最近、このシステムのエアライン、増えている気がします。
自力でなんとかできる人間だと、その機械でシートマップから席が選べるし、
荷物タグで行き先をしっかり自分で確認できるし、ということで、
使い勝手がとてもよいと思っています。
・・・ただ、旅慣れていない人だと、自分でやるのはツラいかも?

JAL発券だけどAFだと優先搭乗があるかわからず、機材がA321だったので、
そんなに大きくない飛行機でエコノミーだと最後でいいや、という感じで搭乗。

出発は30分ほど遅れました。このぐらいはいつも平気で遅れます。

DSC_0257

機内食はないだろう・・・と思っていたら、ありました。
サンドイッチで「チーズ or ベーコン」と聞かれ、ベーコンにしてみました。
味、けっこう美味しかったです。
ラウンジで食べ過ぎたのに、まだ食べる(苦笑)

DSC_0260

ドリンクも豊富で、アップルジュースにしました。
ビールやワインも、エコノミーなのにありました。もちろんコーヒーも。
追加のペリエまでいただきました。サービス満点。
CAさんも皆、愛想よかったです。

1時間少々のフライトなのに、AF、さすがです。
ルフトハンザも出るけど、アリタリアやイベリアだと出ないので・・・

一番驚いたのは、着陸した時です。
搭乗客のプチ拍手とともに”Hallelujah”(ハレルヤ) が機内に流れました。
これなんかテンション上がります(笑)

極め付けは、搭乗客へのお見送り。
ややお疲れのCAさんに代わり、ドアのところでパイロット2名が立っていて、
「Thank you. Good bye!」「Merci, au revoir.(オ フヴォワーフ)」です。
パイロットのお見送りなんて、人生初めてかも。
エールフランスどこまでステキなのでしょう・・・(苦笑)

今度、AFのロングホールも一度乗らないと、です。

2016-06-07 13.26.56

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい