天草エアライン 初めての搭乗と取材

DSC_8954

もう2週間前のこと。「天草エアライン」に乗りました。

天草エアラインは、熊本県の天草空港を拠点とする地域航空会社。
福岡、熊本、大阪(伊丹)への便があります。
たった1機の飛行機(ATR42-600 / みぞか号)で運航しています。
スタッフや地元が頑張る姿などはメディアでもおなじみ。

天草エアライン、実はなかなか乗り機会なく、今日に至る。
地元(大阪)にも1日1回飛来しているのでずーっと気になりつつ。
取材する機会を伺っていたら・・・舞い込んできました(笑)

搭乗した区間は、大阪~熊本~天草~福岡。
いきなり3フライト(!)も堪能してしまいました。
2日にわたる搭乗取材、空港取材、そして天草取材。
あいにくの天気だったものの、素晴らしい経験ができました。

どの媒体にいつ掲載されるか・・・後日お知らせします☆

天草での一連の取材を通して思ったのは「人」です。

エアラインの人々、地元の人々・・・本当に温かい。
地元のエアラインを盛り上げようという情熱はもちろんのこと、
天草空港にある「みぞか図書館」には、本(最新刊含む)が、
たくさん置いてあるのですが、持ち去っていくような輩は、
なんと皆無なんだそうです。いい人ばかり!
(↑ 欧州帰りだったため、なおさら驚く 苦笑)

最後の天草~福岡のフライトで、ややレア体験。

九州北部に「避難勧告」が出るほどの悪天候。
その上空をみぞか号は気流の悪い雲を避けて飛びます。
いくら避けてもある程度の「揺れ」は避けられません。
とにかくとにかく、揺れました。もう揺れまくり。
当然、シートベルト着用サインは一度も消灯せず。
機体が小さいので揺れがいっそうダイレクト。

その割に機内は静かで時々「うおっ!?」というオジサマの、
寝付いたところで起こされた驚愕の呻き声チラホラ。

とはいえ、新しい機体という安心感は大きかったです。
某プロペラ機で聞こえてくる「ギシギシ音」もほぼゼロ。
福岡空港に着陸した時、思わず拍手したかったほど。
海外だったら拍手喝采だったのではないでしょうか・・・
心の中で1人「ハレルヤ」合唱、万歳三唱。

そして、最後の最後でのサプライズ。

みぞか号に預けた荷物、どうも自分だけだったようです。
スタッフ1人とリモワが待っておりました。ある意味、VIP。
今まで30年以上は飛行機に乗り続けてきて、初めてです。
(↓ いちおう証拠写真)

2016-06-22 19.31.41

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい