ANA 退役間近のジャンボ「747」搭乗(那覇-羽田)

blog_import_5621bdf690125-448x288

「ジャンボに乗る」のが普通でなくなったのはいつからだろう。

仙台に住んでいた幼少期は、伊丹空港で見かけるジャンボがとても大きく、
当時は国際線も就航していたので、見るたびにワクワクしていた記憶がある。
大学生になり、社会人になると、東京=大阪を幾度となく行き来ようになり、
そこで乗る飛行機はいつもジャンボでした。

だって、東京=大阪、ほとんどジャンボしか飛んでなかった(笑)

ANAのジャンボ、B747-400Dが2014年3月末日で“完全退役”する。
JALはすでになく、日系航空会社で所有するのは現在もうANAのみ。
あれだけあったANAのジャンボも残り3機です。

2013年11月8日 ANA
大阪・関西→沖縄那覇 NH124便(11:35-13:45)

もうさんざん乗ったANAのジャンボ、思い残すことはないけれど、
やはり最後にもう一度乗っておくべきかと、ずっと考えていたら、
東京への出張と、前回の記事で紹介したジェットスター・ジャパンの、
大阪/関西→沖縄/那覇で「2,990円」セールを発見。

大阪/関西→沖縄/那覇→東京/羽田→大阪/伊丹

上記のルートを2泊3日で出張することに。自分的にも前代未聞のルート。
結局、羽田からの帰りのANAが一番高くついたのがオチ(汗)

航空券は「旅割60」でゲット。13,970円。
沖縄/那覇→東京/羽田の普通運賃は40,970円、特割でも3万5千円ほどする。

搭乗の2ヶ月前までに予約・購入せねばならず、変更不可・キャンセルすると、
かなりの取消手数料が取られるので、ありがたいけど要注意な運賃。
ただ、旅割はマイルが75%も貯まる。事前座席指定も可能。

2ヶ月前に購入し、乗る日をワクワクして待っていた。しかし・・・・・
冬スケジュールの時刻表で、使用機材が「777-300」なのを発見。

慌ててANAマイレージクラブに電話すると、自分が乗る搭乗日の使用機材は、
747のままだが、機材変更はあり得るとのこと。
搭乗日までひたすら機材変更がないことを祈り続けました。

そしてついに搭乗日。

blog_import_5621bdf550b6f-448x288

写真は、那覇空港に着陸する直前の、自分が乗る機材(笑)
撮れたはよかったものの、この後が大変だった。

レンタカーに飛び乗り、レンタカーを返却して空港に急いで送迎してもらう。
保安検査場の前で空港関係者の方からとある「荷物」を受け取って搭乗口に走る。
ほぼギリギリで、自分が乗るジャンボが駐機する搭乗口に到着!

大量の修学旅行生が先に搭乗だったので、その間に新聞と「空弁」を買っても、
結局はかなり待たされた(苦笑)

blog_import_5621be93c15cd-448x300

いよいよ搭乗。自分が指定した座席は2階席の「86K」。2階席最後列の窓側。

久々の国内線長距離の便だったので一瞬、プレミアムクラスも考えました。
でもやはり、自分がずっと慣れ親しんだ2階席を選んだ。
1階席から2階席に上る階段、懐かしかったです。

搭乗に少し時間がかかったせいか、5分ほど遅れて出発。
上空飛行になってからカメラ(Nikon 1)片手に機内を少しだけ歩いてみました。
(さすがに少々恥ずかしくてD610は持ち歩けず・・・苦笑)

1階席の屋根が低いのと、2階席のプライベート感ある空間は以前のまま。
窓越しに見える4発エンジンが747らしい。
2階席だと、座席上に物入れがなく、窓際席の横に収納場所がある。
シートのオンデマンドシステムや天井のモニターも、いまやレトロ感あり。

blog_import_5621be9358512-448x300

自分的に一番ツボだったのは「マガジンラック」
10年前はまだ普通席にも新聞・雑誌のサービスが存在していたので、搭乗した直後、
ここから新聞を取って座席に向かったのを思い出しました。

平日昼間だったからか、2階席の搭乗率は半分ほど。
ギャレーで追加のドリンクを頼むと「ヒコーキがお好きなんですね~」と、CAさんに、
声をかけられ、ジャンボの懐かしい話でしばし盛り上がりました。
「搭乗証明書」もいただきました。一生の思い出になりそうです。

blog_import_5621be94539ec-448x288

あっという間の2時間10分のフライト。寝る間もなかった(笑)
離陸、着陸時のずっしり感が、さすがジャンボ。

大阪がベースの自分にとって、ジャンボに乗るのはおそらくこれが最後。
あとで後悔しないよう、無事に搭乗できて本当によかったです。
泣いても笑っても来年3月までなので、迷っている方は乗ることをおすすめします。

なお、ANAで完全退役しても日本からなくなるわけではないです。
海外の航空会社ではまだまだ現役で活躍中(デルタ、ユナイテッド、大韓航空など)

あわせて読みたい