ANA 国際線 エコノミークラス搭乗レポ(羽田→シンガポール)

最近の記事一覧を見ると、どうも空港の話題ばかりだったので、久々に搭乗レポートを書きます。

9月の出張先はシンガポールで、2017年9度目の海外。利用航空会社は「ANA」です。今回(理由あって)絶対にANA、実はでも、行き先はシンガポールでないとダメというわけでなかったんです。それよりも、飛行機を現地で撮ることを想定してまず「天気」、そして「スケジュール」と「航空券」の価格、さらに「ANAのプレミアムポイントがよく貯まる」のが、シンガポール行きの決め手になりました。

航空券の価格は、大阪から羽田経由で往復、諸税込み54,400円。現地在住の方に伝えると、ほぼ「底値」と。マイルとプレミアムポイントの加算率も50%でした(プレミアムポイントは東南アジアなので1.5倍)

大阪・関西からの最終便で羽田へ、そして、深夜0時20分発のシンガポール行き、NH843です。羽田の深夜便を利用するのは久々。

航空券がそんなもんだったので空いているのは間違いないにしても、まずなにより驚いたのは「ゲート前に並ぶ上級会員の多さ」。羽田-伊丹並み、一般レーンよりも多いんじゃないかぐらい並んでいましたよ、ホント。しかも、ほとんど日本人(のオッサン 笑) さすが、羽田発のビジネス路線です。こちらは特に並ぶ気力もなく、一般レーンの最後のほうでゲートを通過しました。

今回はエコノミークラスです。シート配列「3-3-3」、後方の中央通路側を事前指定し、さて隣りは空いているかな・・・と様子を見ていたらドアが閉まり、3席独占おめでとう(笑)

深夜便で、3席を使ってゴロンと寝転がれるのは本当にありがたいです。枕もブランケットも3人分!

羽田からシンガポールまで、約6時間のフライト。機内食はいちおう2回、しかし一度目は深夜につき、これ(↑)。サンドイッチかなにかをテーブルの上にボンっ!と置かれるんじゃないかと思っていたら、袋ごと渡すかフックのところに引っ掛けていってました。早速寝てしまっている搭乗客もいる深夜便、ある意味で機能的というか、サービスも「進化」してますね。

中身は、スナック菓子とペットボトルの水。真夜中にこれを食べるとあとが怖いので(笑) 水だけ取り出して飲んで寝転がりました。

到着の2時間ほど前に、二度目の機内食がやってきました。今度は通常の機内食(朝食)。和食か洋食か、の2択、”羽田発の日系エアライン”なので迷わず「和食」を選びました。

今回はエコノミークラス、不味いわけはもちろんないけれど、スペシャルに美味しいこともない(笑) それでも、普段なかなか食べない煮物や煮魚、そして、野菜が多いのはうれしかった。白いご飯にしそや昆布がのっているので、しばらく異国で日本食には期待できない身としては、いつも噛み締めて食べます。もちろん完食。

フライト中、3席独占して寝転がってよく寝れたでしょ?・・・と思われそうですが、ほとんど寝れなかったんです、実は。

理由は、機内エンターテイメント。近ごろの日系エアライン、ANAもJALも上映番組で「アラフォー向けちょっと懐かしめの映画やドラマ」がものすごく充実していて、うれしい悲鳴というか、ついつい観入ってしまい、おかげで機内で仕事はおろか寝ることもロクにできません。東京とニューヨークを往復する間にずっと観続けても観切れなかったこともあるぐらい、機内で陥ってしまう「罠」です。

今回はそれでも「寝るぞ!」と、上映番組のプログラムを敢えて見ずに寝床を作っていたら、斜め前に座っていた人の画面にドラマ『花より男子 2』が映っているのをうっかり観てしまい・・・・・これ、マンガ全巻、持ってます。ドラマのDVD、どうしようかなと思っていたところ、ドラマ全11話収録。見つけてしまった以上、やっぱり観てしまいました。行き4話、帰りは昼間だったので残り7話。よく考えたら、ANAは特別協賛でした。懐かしかったです(↑ 特にニューヨーク編が好き)

映画やドラマを観終わったあと、現在地を確認するのにモニターに「フライトマップ」を出していて、これも進化していました。今回は「ボーイング787-9」という最新機材で、ツイッターでつぶやいたら、他の787-9に乗られた方も同じだったという声をお聞きしました。パイロット目線、良いですね。

よく考えたら、787-8はJALも含めてロングホールもよく乗っているのに、787-9は初めて。さすが787、機内も乾燥せず、やはり快適でした。シートもなにもかも新しい飛行機は最高。空いてたの、本当にラッキーでした。

(こちらの記事もご参考に!)
羽田空港 国際線乗り継ぎバスと所要時間など 【ANA編】
羽田空港 国際線の優先レーン基準と混雑状況ボード

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい