ANA 国際線の特別機内食「シーフードミール」を食べてみました

今回の出張はおなじみANA。大阪=香港は久々でした、いつもキャセイなので。行きは関空にある2つの機内食工場のうち結局どちらか、しかもANAの機内食はもはや食べ飽きつつある(!)のもあり、「特別機内食」(スペシャルミール)を、航空券の決済と同時に予約してみました。

キャセイの時以来です、特別機内食。あれ、ちょっとトラウマになったんですよ、実は・・・で、しばらく避けてました。

(参考) キャセイの特別機内食は20種類 「低カロリーミール」を頼んでみた

特別機内食、ほぼすべて誰でも頼むことができるものの、例えば、チャイルドミールは11歳まで。他も制限がある場合、空港によっては選べない特別機内食もあるようです。以下のリンク先に、ANAの特別機内食が写真付きで紹介されています。

特別機内食(スペシャルミール)|空港・機内で[国際線]|ANA

さて、シーフードミール。特別機内食は通常、一般の機内食より先に運ばれてきます。だから、サッサと食べてトイレも空いているうちに行けるのも良いです。行きは先に、ただ帰りは一般の順番が回ってきてからCAさんがギャレーに取りに行っていました(この便、空いていたからかも?)

見た目からけっこうあっさりめな印象。メインは白身魚のトマトソースがけと温野菜。海老のサラダ、普通のサラダ、フルーツ、そしてなぜか胚芽パン。

胚芽パン、関空発の全エアラインの便でも、初めてかも。でもパンは相変わらず、パサつき気味。日系航空会社のエコノミークラス、パンがイマイチだといつも思います。外資系エアラインの中には、エコノミークラスでも温かい状態でパンが配られるところも多いので(しかも温かいほうが絶対に美味しい)

そして予想通り、味が全体的に薄め。こういう時に塩とコショウが欲しくなるけれど、以前はANAのエコノミークラスでも付いていたのに、いつの間になくなったのでしょう・・・サラダがダブってるのはまぁ、野菜は貴重だし、日系なので今回は食べました。外資系だと食べない場合もあるんです、例えば、お腹壊しそうなエアラインだと(苦笑)

ちなみに、一般の機内食がこちらの2択。

デザート、特別機内食はなし。シーフードミールだからって、デザートまでカットしなくても・・・(苦笑)

そして、帰りの香港発。おかずの1つがミネラルウォーター・・・・・? これちょっとひどくないですか(汗)

メインは、魚のハンバーグとタイ米炒め、温野菜。これも特に味がなく。そして、サラダとフルーツ。食べるものがないので完食したけれど、ラウンジでたらふく食べていなかったら、腹半分ぐらいしかなかったと思う、正直。

パン、実は最初ついてなく、CAさんに頼んでいただきました。例の袋入りで、やはりパサパサ。「LURPAK」のマーガリンでなんとか。

香港→大阪の、通常の機内食。牛すき焼き、しまった(苦笑) しかも「うどん」も食べ損ねました。なにげにそばやうどん、けっこう美味しいんですよね。

でも、特別機内食をオーダーした場合、機内での変更はできないです。乗客と乗員の分プラスαしか搭載していないので。

シーフードミール=少食、ってわけでもないと思うのだけれど。単に魚が好きで、カロリー高め大歓迎なのに、特別機内食はどうして味が薄いのか・・・一般の機内食が高カロリーなのと真逆。低カロリーミールや糖尿病の方向けのミールならわかるけれど、シーフードミールまで薄味とは思わなかったです。

そういえば、機内食によく出る「スモークサーモン」がなかった。シーフードミール的にダメなのかしら・・・

シーフードミールの人は、シートにわかりやすく貼られてしまいます。座席をまた直前に変更してごめんなさい(苦笑)

次のフライトまた特別機内食、頼むかな・・・普通の機内食次第です。ANAやJALもメニューをホームページで事前にチェックできるので、それをまた参考に。宗教ミールもちょっと気になるところ(食べたことがない)。ただ、どれも薄味だと、普通でいいかな、と思ってしまいそうだけど。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい