アラフォー海外女子旅の必須アイテム10選

アラフォーです。そこで女子、って付けるのはかなり抵抗ありますが・・・

旅、特に海外への旅で、日本から必ずといっていいほど持参するアイテムをピックアップしました。日本での旅は、都市部だとたいていコンビニもスーパーもあるので「なんとかなる」と思ってます(苦笑)

まず、海外での旅で必ず持参するのは、パスポート、航空券(eチケット)、クレジットカード、現金、カメラ関連、スマートフォン(iPhone)、スキンケア用品一式など。それ以外で、あくまでアラフォー世代の女性目線から。経験上、現地調達が難しい、もしくは現地だと値段が高いものがほとんどです。

※紹介している商品はすべて「Amazon」で購入できます(画像をクリックしてください)

【1】 「ロクシタン」のヘアトリートメント

髪の手入れはすごく大事。ただ海外だと日本と「水」が違うこともあって、普通にシャンプーすると髪がパサパサになってしまうことも。シャンプーやコンディショナーまで日本から持参すると荷物になるので、少なくとも「ヘアトリートメント」は持っていきます。「ロクシタン」のこの流さないトリートメントが特にお気に入りで、ヘアワックス代わりにも使います。(空港の免税店などでも入手可)

【2】 歯磨きセット

良好中であっても歯磨きも大事です。機内で貰えるときもある、ホテルにも置いてあると思っても、マイ歯磨きセットはいつもカバンの中に常備。うがいのコップにもなるタイプが便利ですね。あと、「糸ようじ」も持参します。

【3】 常備薬(ビオフェルミンなど)

「薬」も日本からある程度は持参します。例えば、痛み止め薬(バファリン)、胃腸薬(正露丸)、風邪薬(改源)、絆創膏、湿布薬(サロンパス)、そして「整腸剤」(ビオフェルミン)。ビオフェルミンは瓶でなく旅行では個包装が便利で必要分だけ持っていきます。

【4】 「テンピュール」のスリープマスク

旅先の睡眠も大事。あの「テンピュール」のスリープマスクです。通常のアイマスクとは効果が違います。機内でも活躍!

【5】 使い捨てマスク

まず、機内用。ANAやJALではエコノミークラスでも頼めばもらえるものの、他の航空会社やLCCではもらえない場合を想定し、必ず持参します。ただ、現地でマスクを使うのは韓国、中国、台湾ぐらい。欧米豪などではマスクは一切しません、というか、したら危ない人です。どうしても口元を覆いたい場合はスカーフなどを使います。ちなみに、中国の日系コンビニで最近「PM2.5対策マスク」を見かけます。韓国は黒マスク、台湾は柄マスクで現地でも入手可、ただ日本製がやはり質的に良いと思います。

【6】 クロックス(サンダル)

ホテルでの室内履き用、シャワー用、海で歩く用・・・いろいろ使ってます。

【7】 しわもニオイもすっきりスプレー(携帯用)

洋服のしわ、においもこれがあれば安心。海外のホテルでは意外と常備されていないので、けっこう活躍します。水回りで変なニオイがする時も使っていますね。現地にもないことはないけどサイズが大きいので・・・

【8】 折りたたみバッグ

予定外の荷物が増えた時のためにスーツケースに入れています。「コンパクトにたためる」「スーツケースに引っ掛けられる」「鍵がかけられる(ファスナーが2つある)」がポイント。このカバンを閉じる鍵、また柱などに引っ掛けられるチェーンも持参します。

【9】 緑茶(スティックタイプ)

海外のちょっとしたホテルだとコーヒーやお茶などのティーバッグは常備こそされていても、日本の味とはやはり違うので、ほんの数本でも持参して温かいお湯を注いで飲むと心身ともに効き目抜群で生き返る。ミネラル不足にもプラス。

【10】 生理用品

日本から必要分を、今は持参しています。以前は「現地で買えるし、いいや」と思っていました。しかし、国によって品質がイマイチで、赤ちゃんの「メリーズ」を中国人が爆買いするのと同じで、衛生的な商品は日本製に限ります。本当に。もちろん緊急時は現地で買うこともあります。最近、台湾や香港の「セブンイレブン」などで、ありがたいことに日本製が売られているのをよく見かけるので、そろそろまた現地調達もありかなとちょっと思い始めてます。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい