世界の空港スタバ | タイ・バンコク スワンナプーム国際空港

日本にいても海外にいても「カフェに迷ったら、スタバ」と思って足を運ぶうち、近ごろどっぷりスタバ状態になってしまいました。そもそもスタバのなにが良いかというと、店内が必ず「禁煙」だからです。最近は別のカフェであっても完全禁煙は増えているものの、スタバほど徹底されていない気が(特に日本では)するので、コーヒーが飲みたくなったら世界どこであっても、スタバがないイタリア以外はまずスタバ、となっています。

そんなスタンスだからか、世界各地の空港にある「スターバックス」をチェックするのも、ついにライフワークになってきた感があります。

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港は、今年2月に初めてピーチの取材で訪れた時、スタバをチェックする時間がなくてバンコク市内のスタバに行ったのみ。2ヶ月ぶりの今回、空港にあるスタバ、真っ先に探しました。そして見つけたのが、一般エリアと出国エリア、ひとまず2店舗。

上の写真、出国エリアにあるスタバです。タイ航空の便が発着する搭乗口の近くにあるフードコートの一番端にありました。奥にもテーブルと椅子があったので、座席の争奪戦になることはまずないと思われます(笑) バンコク乗り継ぎだけでも利用できるのがありがたい!

タイのスタバ事情は2月にチェック済みなので、目新しいものは個人的には特になかったものの、フードの種類が日本に比べると見ての通り、本当に多くて感動モノ。

パン、サンドイッチ、パニーニ、ケーキ、クッキー、マフィン・・・「選べる」ほどある。バンコクでの乗り継ぎ時など、ラウンジにあえて寄らずにここに直行して腹ごしらえしても良いぐらいです。しかも、値段も日本より安い!

例えば、シュガードーナツ。価格は「35タイバーツ=112円」です。安いの万歳!

日本のスタバで売っているシュガードーナツと比べると、大きさは少しだけ小ぶりなものの、税別230円と比べるとコスパはこちらのほうが断然いい。しかも、味も甘さ控えめだから、タイのドーナツのほうがよほどおいしく感じました。

コーヒー味のチョコレートでコーティングされたマカデミアナッツ。タイらしいパッケージが気に入って買いました。レジで前に並んでいた女の子たちもまとめ買いしていたので、これ密かに人気なのかも。200タイバーツ=約650円。タイバーツを使い切るためにミルクチョコレートクリスピーも購入。

なお、一般エリアでは、ターミナル3階のフードコートが並ぶエリアにあります。どちらの店舗でも、タイ各地の「ご当地マグ」なども見かけたので、コレクターのまとめ買いで立ち寄るにも良いかと。

世界各地の空港にあるスタバを巡っていて、店舗のコンセプトなどの基本は万国共通である一方、フードやドリンクが微妙に違ったり、ご当地らしいマグやメニューがあったりとそれぞれのお国柄を見つけるとやはりうれしいと、つくづく。また次、空港でスタバを見つけるのが楽しみです☆

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい