【中国】 中国出張のSIMは「中国移動香港」、 LINEもTwitterも繋がる

中国では、LINEやTwitter、GmailをはじめとするGoogle系、Facebook、Instagramなどが、現地のホテルや街なかのWi-Fiなどを利用すると一切繋がりません。これは中国の国家がインターネット検閲システム「金盾」を導入していて、国家的に思想が思わしくないページの閲覧に制限をかけているからです。

しかし今の生活の中で、上に記載したSNSなどが繋がらないと、やはり困りますよね。自分だったら、たった半日でも耐える自信ナシ。

実は、中国本土にいても、LINEやTwitterなどに繋げる方法、いくつかあります。自分が利用している方法は「香港のSIMカードを中国に持参し、日本のSIMと挿し替えて使う」こと。スマートフォンは、香港のAppleストアで購入した「iPhone SE(フリーSIM版)」です。SIMフリー版もしくはロック解除したスマートフォンでないとどのSIMも利用できません。

中国本土で購入したSIMでは繋がらないのに、香港で購入したSIMは香港を含む中国本土で繋がるという・・・謎。

中国移動香港、10日間でデータのみ1.5GB、148香港ドル。追加チャージもショップもしくはネットで可能です。最大1週間ほど中国に滞在して日中バンバン利用していても、1.5GBからオーバーすることはなかったです。

使用方法、袋からSIMを取り出し、自分のSIMカードの大きさにハサミもしくは手でカットし、スマートフォンに挿します。SIMカードの出し入れに「クリップ」は持参しましょう(場所によっては無料で借りられずに有料の場合もあるので) あと、日本のSIMカードもくれぐれも失くしませんように。マニュアルは中国語そして英語です。

回線速度も速くて快適。ど田舎以外は普通に繋がりました。もちろんLINEもTwitterもスイスイと。

唯一の不満、「Googleマップがきちんとした場所を表示しないこと」でした。これはSIMというより、通常は繋がらないGoogleを無理やり繋いでGPSがおかしくなっているっぽい。ちょっと迷子になりました。

日本でも「Amazon」などでそれほど高くない価格で入手できます。中国滞在前に買って持参するのがおすすめで、品切れの場合もあるので早めの調達をぜひ。香港だと空港のショップがわかりやすく、到着口を出てすぐの場所にあります。香港から中国に入るなら空港で調達が良いとかと。中国本土ではこの香港版は公式には販売されていません。

ほかにも、中国本土でLINEなどを繋げる方法としては「VPNを利用する」「ドコモなどのローミングを利用する」「海外レンタルWi-Fiを日本から持参する」などがあります。ただ、VPNはイタチごっこ状態でよく規制が入るようですし、携帯キャリア3社のローミングは格安SIM利用者は使えず、滞在日数が多いとどんどん加算されて高額になります。よく海外に行くなら、フリーSIM版のスマートフォンを持参するのが便利だとつくづく思います。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい