キャセイの特別機内食は20種類!「低カロリーミール」を頼んでみた

DSC_5830

機内食は国際線フライトでの楽しみの1つ、といっても過言ではありません。

最近、メニューを公式ホームページに掲載しているエアラインが増えています。
こちらも旅行の前に機内食を事前チェックすること、けっこうあります。

機内食で特に好評なのが、キャセイ・パシフィック航空
ただ、キャセイの機内食はホームページに載っておらず、事前には分かりません。
それはそれで「乗ってからの、お楽しみ♪」と、自分を納得させております。

キャセイの便をWEBチェックインする際、「特別機内食」の項目を見つけました。
どんなものか見てみると、なんと20種類もありました。

82d46d56fcc2f3eab22b05c03eaea265

【参照】スペシャルミール – キャセイパシフィック航空

ベビーミール、チャイルドミール、ユダヤ教徒食、イスラム教徒食・・・
この辺りは、他のエアラインでもおなじみの特別メニューです。
しかし、低刺激のお食事、生菜食、流動食、純粋菜食、乳卵菜食、東洋式菜食など、
かなり細かいメニューに分かれています。特にベジタリアン向け。

せっかくだからと、最も無難そうな「低カロリーのお食事」を頼んでみました。
機内食は基本的にカロリーが高いので、ちょうど良いかなとも思いました。

例えば、トップ画像の機内食。

茹でただけの鶏肉とジャガイモ、ほうれん草、千切りされたニンジン。
サラダ、フルーツ、パン。
(ハーゲンダッツのアイスクリームは付いてなく、特別にもらいました)

見た目からシンプルですが、味はもっとあっさり。
というより、ほとんど味がありません。ドレッシングなどもなし。

最初は「これもありかな~」と、楽しく味わっておりました。
しかし、大阪-香港の往復ならいざ知らず、この時は以下の行程でした。

大阪-台北/台北-香港/香港-ミラノ×2
ミラノ-香港×2/香港-台北/台北-大阪

なんと合計8回も機内食を味わうフライトでした。
しかもすべて、低カロリーのお食事。

DSC_3765

この機内食は、トマトソースがかかっている分、まだ良いほうでした。

IMG_3054

最もフライト時間が短い香港→台北だと、たったこれだけ。
ミートパイのようなものでしたが、味はほとんどなし。

あまりに味が薄くて空腹感ハンパなく、途中でCAさんに頼みました。
「普通の機内食と交換してもらえませんか?」「ダメです」

ミラノ→香港のフライトでは、プレミアムエコノミーでいただける、
日清のカップヌードルを2杯も食べてしまいました。
低カロリーを頼んだ意味なし・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

噂によると、キャセイの「フルーツミール」などは美味しいようです。
香港でたらふく食べる予定だと良いかも、とも思います。
余分な費用はかかりません、無料です。
ただ、オーダーは搭乗の72時間前、などの制限がありますので、ご注意を。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい