山形空港 高級旅館プロデュース「名月荘エアポートキッチン欅」

DSC_8549

仕事柄、地方空港に行くことが多く、空港内のレストランもチェックしています。
先日訪れた山形空港のレストランがかなりレベル高かったので、ご紹介します。

まず、山形空港の愛称は「おいしい山形空港」です。

JALの機内誌「SKYWARD」の路線地図で見つけた時、一瞬「?」と正直思いました。
山形だと、例えば“さくらんぼ空港”とかであればわからんでもないけど・・・おいしい?
同じ県内にある庄内空港も「おいしい庄内空港」という愛称がついています。

山形空港で聞いた話、「“おいしい”という意味は、グルメに限らない」とのこと。
さくらんぼやつや姫などのグルメはもちろん、空気も人間もぜんぶおいしい、という意味だと。

まず、その山形空港で、最も“おいしい”を実感できるのが、空港内のレストラン。
日本の空港で(おそらく)初めて、高級旅館がプロデュースしているんです!

エアポートキッチン | レストラン 欅(けやき)

Photo by A.Shikama

Photo by A.Shikama

レストランの入り口から、ただならぬ雰囲気です。豪華。
山形で有名な、かみのやま温泉にある名門高級旅館「名月荘」が運営しています。

メニューは、冷たい肉そば、山形芋煮、山形牛など山形を代表するご当地グルメがメイン。
空港で本格的なご当地グルメが食べられるのは、ポイント高いです。
出張のビジネスマンが、帰りに芋煮の定食を美味しそうに平らげているのを見かけました。

Photo by A.Shikama

Photo by A.Shikama

自分が今回食べたのは、「名月荘饂飩」(税込900円)です。

このうどん、名月荘に宿泊したお客様限定で提供されている人気メニュー。
うどんの麺が・・・平たくて、太っ!
女性にうれしい野菜もたっぷりで、つゆもやさしい味わい。
とても美味しくいただきました。完食。

DSC_8545

店内の様子。あらかじめ予約するとスペースを仕切って個室も利用できます。
飛行機に乗る時だけでなく、地元の方々が「女子会」で使うのもかなり良さげです。
食事だけでなく、スイーツやドリンクのメニューもあります。
空港の駐車場も【無料】です(← これぞ、地方空港の良さですね)

DSC_8544

セゾンファクトリー」のドレッシングも販売されています。
首都圏や関西の百貨店で見かけるセゾンファクトリー、山形発ブランドです。
飲む酢をプレゼントされたことがあり、普段は酢は苦手だけどこれは美味しかった!
容器やラベルなどのデザインも現代風でステキです。お土産にイチオシ。

レストランには航空雑誌「月刊エアライン」(イカロス出版)も置いてあります。
このレストランが紹介された11月号が2冊、最新の12月号が1冊ありました。
もちろん、自由に読むことができます。
カウンター席もあるので、おひとり様でも気軽に利用できるのも良いです。

山形空港を利用される際、エアポートキッチン | レストラン 欅(けやき)をぜひ☆

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい