東京・羽田空港 ますます進化する空港みやげ

2016-09-24-12-23-14

先日の東京出張での「羽田土産」です。羽田空港の土産、かれこれ20年近く買い続けております。

自分だけ(仕事とはいえ)飛行機に乗り、東京まで行くと、どうしても家族になにか買って帰らねばという妙な固定観念があり、まるで貢物の如く、毎回あれこれと空港で物色しては買って持ち帰って、20年。

しかも数年前から、自分が空港で取材するだけでなく「空港土産に詳しい人」でテレビなど大手メディアから取材まで受けるようになり、そうなると新しいお土産を見つけるたびに買い、次々と発売されるものだからまた追っかけて買い、自分で食べ、家族の反応も見て聞き(客観的な感想も貴重)気づいたらすっかりと定着しました。

お店で「羽田空港のお土産として紹介されました!」などとPOPが貼ってあれば、いくつかは自分の紹介分です・・・

前置きが長くなりました。今回の羽田土産は、3つ。

まず、赤坂トップスの定番チョコレートケーキ、ではなく、バームクーヘン。

家族からのオーダーはもちろん、チョコレートケーキ。しかし、ご存じの方はよく分かっていただけるかと思いますが、アレを無事に大阪の自宅まで持って帰るのは至難の業です。2泊3日の荷物(カメラ機材含む)は半端ないものがあり、途中で傾いて倒れてグシャ、という悲劇に遭うと当然の如く、家族から非難を一身に浴びるのは目に見えており、それを回避すべく選んだのがバームクーヘンだったわけです。

持ち帰った時の家族の「えー、チョコレートケーキじゃないのー」という落胆の表情は如何ともし難いものがありました。が、幸い、バームクーヘンのほうも好評で「次もバームクーヘンでいいよ、いや絶対買ってこいっ」などと言ってもらえたので、ひとまずは安心。大阪ではチョコレートケーキは週1で手に入ってもバームクーヘンは入手不可能なので、貴重なのです。ユーハイムとまた違う美味しさがありました。潰れる心配もほぼない安心感からもおすすめ。

dsc_0726

トップスでバームクーヘンをゲットした後に見つけた行列が「バターバトラー」。既にバームクーヘンを買ったのでスルーしかけたものの、尋常でない長蛇の列に加え、試食させてもらえたので一口パクっと食べたところ、これは美味しい、美味しすぎる。一瞬でその味に悶絶です。試食したほぼ全員、スーツ姿のおじさま方も含め皆、並んでおりました。

ちなみに、期間限定出店とか。いやはや本当に美味しかったです。

dsc_5946

3つ目は、どら焼き。見ての通りの「菊の御紋」です。これも予定外の購入。

保安検査場を通過し、サクララウンジに行く前におにぎりと味噌汁を買いにおなじみ「蔵一」に向かう途中に通りかかった「BLUE SKY」で発見。正直、ジャケ買いです。羊羹やきんつばなどもありましたが、家族が無類のどら焼き好きにて、痛い出費をグッとこらえて一番高いどら焼きを購入。

お土産の箱を3つ並べた中で、外箱では一番受けがよかったのがこのどら焼き。「すごい!菊の御紋だっ!」と、なんとなく恭しい気分になってくれました。中袋にも、どら焼きにまで菊の御紋。そして味のほうは、中の上、くらいの美味しさでしょうか。正直もっと美味しいどら焼きは世の中にたくさんある(笑) しかしこれは菊の御紋であることで価値が非常に高いのです。いわば、皇室御用達。目上の人へのお土産にも良さ気です。箱の中はもちろん個包装、購入から1ヶ月以上も日持ちする点も◎

それにしても、ほぼ月イチで行く羽田空港、行く度に新しい空港みやげが登場しております。10月も東京出張の予定あり。また新しい羽田土産があればゲットしなければ。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい