人生初めての「ハワイ」 率直な感想

ハワイが日本人に人気な理由。実際に現地に行ってみると、あぁなるほど・・・と、よくわかりました。

2017年13回目、そのラストがハワイ・ホノルルへの出張。人生初のハワイ、と伝えると皆、驚かれました。そんなに意外でしょうか・・・ビジネス出張や女性の1人旅がメインだと、そんな「新婚さんいってらっしゃい」的な場所、そう縁があるはずもなく(苦笑)

そんな感じでいたら、シンガポールのLCC「スクート」が、関空―ホノルル線に就航。その初便に乗って取材する機会に恵まれました。関係者の皆様に感謝!

ハワイ人気続く!LCC「スクート」大阪-ホノルル線が就航 (All About NEWS)

ホノルル、とにかく「日本語」があふれているのが、第一印象。ホノルル空港から、観光のパンフレット、レストランのメニュー、商品の案内表示・・・例えば、アラモアナセンターのインフォメーションで英語でいくら尋ねても、日本語でしか返事が来ないとか。

特に、ワイキキとその周辺、ジャパンタウンというか日本人村というか・・・日本人のための観光地ができあがっている、そんな印象を受けつつ。ここまで日本語が通じる海外もそうなさげ、あとグアムぐらい?(行ったことない)

JALやHISなどの「トロリー」がたくさん走っていました。これに乗るとワイキキやアラモアナセンターなど主要なスポットに行けるシステム。トロリーに乗っているのはもちろん日本人だけ。こんなのも海外で初めて見てすみません・・・ちょっとカルチャーショック受けました、日本人だけど。韓国人や中国人でこういうトロリーはないですよね・・・

つまり、海外=言葉がネック、という日本人の旅行へのハードルがグッと下がるのが、ハワイの人気の1つだろうなと。ひとまず空港とホテルの送迎さえクリアできれば、あとは自由行動なんとかなる、みたいな。ショッピングやグルメ、ビーチやリゾートなど楽しみ方がいろいろあるし、温暖な気候、素晴らしい景色と盛りだくさん。しかも、暑いけど熱帯のような蒸し暑いとかではないのも、日本人好みですね。

ただ、その日本人向け云々・・・のせいもあってか、現地の物価が高いのがネック。ホテルは高い、買い物も食事もなにもかも高く感じました。

特に、自分のような個人旅行客にとって、空港からの「足」が、1回2.5ドルの路線バスがスーツケース持参だと乗せてもらえず、片道16ドルもするシャトルバスしかないのがかなり痛かったです。あと、ホノルル空港に「SIM」カードを購入できるショップも自販機すらないのも驚き。

空港~ホテルの安い「足」やSIMなど、ごく一般的な日本人旅行客に必要ないからでしょう。

そのトロリーが走っているエリアからちょっとでも外れると、一気にハワイのローカル感がアップするので、海外情緒を求めるなら、そういうエリアに行けばいいのもわかりました。で、実際、行ってました。

ワイキキとその周辺、いい意味で、日本人いたせりつくせり・・・というのが、ストレートな感想。そして、LCCも続々就航してきて、今までと違う客層も来るようになると、ハワイの人気がまた高まるんじゃないかという予感がしました。ANAのA380も就航しますし。ビギナーもリピーターも旅の達人まで楽しめる場所ですね。往復2万円でハワイ、ぜひ行ってください☆

追伸:
ホノルルの空港や飛行機、搭乗レポなどについてはまた別記事で・・・(^^)/

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ → ++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい