香港 キャセイラウンジ「ザ・ピア」ティーハウス編

世界各国の空港にある航空会社ラウンジ、その数多ある中でも ”ビジネスクラスのラウンジ” で、フードやドリンク部門などがあれば、おそらくナンバー1はここでしょう。香港国際空港にあるキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジ「ザ・ピア」です。昨年12月に初訪問、そして今年6月に再び行ってきました。

香港でのキャセイのラウンジはいくつかあるのですが、昨年6月にリニューアルオープンしたこのラウンジが今のところ一番豪華だと思います。

ヌードルバー、ビュッフェコーナー、コーヒーコーナー、バーカウンター・・・どれも本当に素晴らしいのですが、個人的に一番のお気に入りは「ティーハウス」。

アルコールを一切飲まない人間なので、どのラウンジでも自分ドリンクは「お茶」がメインで、紅茶のティーバッグなどはもれなくチェックしており、このザ・ピアではティーバッグの紅茶にとどまらず、ティーマスターが約10種類もの茶葉から淹れてくれるサービスがあります。ラウンジの利用者ならもちろん無料。お茶請けのお菓子もいくつかあります。

その茶葉、ブランドはJING TEAです。紅茶好きにはおなじみの高級ブランド。歴史はまだ浅いものの、高級路線を行く英国発の紅茶ブランドで、日本では5つ星ホテルで時々見かける程度というなかなかレアなお茶です。これがザ・ピアでは「飲み放題」という、最高の贅沢ができます。ちなみにラウンジに置いてあるティーバッグもJING TEA、これだけでも十分レベル高し。

ティーハウスで選べる茶葉は、ブラックティーからハーブティーまで紅茶各種、中国茶、日本茶まであります。自分が今回オーダーしたのは期間限定という中国の白茶。これももちろん、JING TEA です。5分ほどかかると言われた後にポット入りで出てきました。美味しくないわけがありません、もう絶品。超一流のお茶がラウンジで堪能できる、本当に素晴らしいのひと言です。

ティーハウスのテーブルとチェアも、なんとなく中国テイストでデザインも素敵です。そしてこのコーナー、ビュッフェあたりよりもいつも空いていてのんびりできます。ただ、窓がないので飛行機が見えないのが個人的にデメリット(苦笑) ちょっとここでお茶を飲んだら、トレーごと持って飛行機が見える場所に移動しました。

日本でも今、流行りの「スムージー」も置いてありました。これも手作りで、お茶の待ち時間に飲んでみたら、なかなか美味しかったです。ちなみに、ヌードルバーはオーダー式、コーヒーコーナーもオーダーメイドで「illy」ですし、なにもかもレベルが高い。

ほぼティーハウスだけでこの記事、1000文字をゆうに超えました。恐るべし、キャセイラウンジ。このティーハウスのためにでもキャセイで香港、ザ・ピアに通いたいぐらいです、本当に。香港出張はしばらくキャセイ1択になりそう。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい