香港 キャセイパシフィック ビジネスラウンジ「ザ・ブリッジ」

DSC_7907

今回の香港出張、利用エアラインがキャセイパシフィックだったので、ラウンジもキャセイ。
香港国際空港はキャセイの拠点空港なだけあり、専用ラウンジがなんと5か所も!

キャセイパシフィック 空港 ラウンジ
http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/airport/lounges.html

今回利用したのは「ザ・ブリッジ」。一番新しいラウンジです。

★搭乗レポはこちら → キャセイパシフィック航空 搭乗レポ(大阪-香港 | エコノミー)

DSC_7903

ラウンジの入口。さすが拠点空港、オーラを感じます。エンブレムがカッコいい。
ここからエスカレーターを降りると、受付があります。
右に行くとファーストクラス用、左に行くとビジネスクラス用。
one world サファイアなので、ビジネスクラス用に案内されました。

DSC_7905

「ご自宅の快適さを空港で」がコンセプト。
モダンかつ中華風なテイストも感じられる、温かみある雰囲気です。

窓からは飛行機も見えます。さすがハブ空港、キャセイかなり多いです。
あいにくの天気だったので、ラウンジ内から飛行機を撮る気にはなれず・・・
というより、ラウンジでカメラ機材を出すの、実はけっこう勇気、要ります。
(今回の写真はすべて Nikon 1 です)

DSC_7909

ラウンジといえばフードコーナー。
キャセイは機内食のレベルが高いので、ラウンジも密かに期待していました。
中華をはじめカレー、サラダ、パン、スイーツなど十分なラインナップとボリューム。
お酒が飲めないのでスルーし、ソフトドリンクとお茶のコーナーへ。

DSC_7910

飲茶は3種類ほどあり、特に「Vegitable Dumping (素菜餃)」が気に入りました。
一度食べてその後2回、おかわりに走りました。美味しかった☆彡

DSC_7912

最初に取ったお皿とお茶です。お茶はジャスミン茶のティーバッグ。
焼売やスープ、この後、釜飯(?)もいただきました。どれもレベル高し。

行きで、関西国際空港のキャセイラウンジにも行きました。が・・・・・
窓のない小部屋のような場所で、フードは置いてあったけれど、かなり残念なレベルで。
それと比べるまでもなく、香港はさすが拠点空港。気合(?)が違いました。

—–

実は今回、キャセイの旗艦ラウンジ「ザ・ウィング」に行きたかった。
ここのヌードル・バーの担々麺、とても評判がよいと聞いていて。
正直に言うと・・・・・ラウンジ、間違えました、はい。
ザ・ブリッジにたどり着く前、空港内をウロウロしながら飛行機を撮って疲れ果ててしまい。

ちょっと無理して掛け持ちしようかなとも思ったけれど、諦めました。
香港にまた行く口実(?)が1つ、できたということで。
次の香港もキャセイ、決定です。欧州出張の乗り継ぎで利用するのもアリですね。

昨年あたりから空港の航空会社ラウンジめぐりもしていますが、とても楽しい。
航空会社ごと、空港ごとに“個性”があります。

空港で食べる、買う、飛行機を撮るに加え、ラウンジも。忙しいです(苦笑)
空港近くのホテルに泊まるミッションも継続中。
おかげで、空港で過ごす時間、ますます増えています。

++++++++++++++++++++

■ Instagram →

■ 雑誌『月刊エアライン』で「空美的ヒコーキ趣味道」連載中 →
■ All About 「飛行機の旅」ページを担当しています →

■ 取材・撮影などのお仕事、メディア取材・講演依頼、その他お問い合わせ先 →

++++++++++++++++++++

あわせて読みたい