世界の空港スタバ | 香港国際空港(ターミナル1・2)

前回の更新から、1ヶ月近くも空いてしまいました。その間、一体なにをしていたのかというと「飛行機に乗っていた」というのが、最もしっくり来る答え。ニュージーランド、香港、そして中国・上海と、立て続けに出張しておりました。しかも、ニュージーランドと上海は成田発着だったので、飛行機で成田までいったん飛んで、というようなことをやっていたので、この数週間で数えると長距離を含めて12フライト。2017年まだ半年も経っていないのにフライト数41回です。

さて、香港。昨年末に行ったのに、また行ってきました。香港もスタバ天国、ということで、既に書いたようでまだ書いていなかった、空港にある「スターバックス」を、忘れないうちに。

空港内にスタバ、いくつかあります。その1つが、上の写真の店舗。メインのターミナル1のチェックインカウンターがズラーーーッと並ぶ一番南の端、キャセイパシフィック航空のカウンター近くなのでわかりやすい。見ての通り、店舗のみで椅子など特にないものの、その辺にたくさんベンチもあるので、座るのに困ることはないかと。サンドイッチやスイーツも販売されています。マグカップや豆なども、若干(でも少なめ)

ちなみに、空港内に数えるとスタバはなんと7店舗もあるようです。ただ、制限区域内が多め。

https://www.hongkongairport.com/eng/shopping/dining/t2/weste/star.html

キャセイをはじめ、JALやANAが利用するターミナル1で、制限区域内にあるこのスタバが一番よく目立ちます。しかし場所がいいのか、いつもよく並んでいて、個人的にはちょっとストレス。ここで買って、その辺のベンチに座ってコーヒーを飲みながら飛行機を眺めるのは、まさに至福の時間です。他国からの乗り継ぎ時、香港に入国せずにここでスタバ土産を買うにも便利。

もう1つのターミナル2にはスタバがこの1店舗しかないので、要注意。しかも、24時間営業ではありません。一般エリアです。最もスタバの店舗らしく、座席があるお店のタイプ。ターミナル1ほど混んでませんし、長居もしやすい。

空港だからと言って、香港の中心部にある店舗と比べて“空港スペシャル”的ななフードやドリンク、雑貨はない一方、マカオや中国のマグカップはありますし、香港らしいデザインのタンブラーなども置いてあるので、最後のお土産調達にも十分活用できます。最初に紹介した店舗にはちょっと珍しい黒エプロンをしたスタバベアもいました。香港のスタバは日本と微妙にメニューが違うので、空港でいろいろ比べてみるのも良いかと思います。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい