羽田空港 国際線の優先レーン基準と混雑状況ボード

空港での保安検査場の優先レーン、増えてきたような気がします。長蛇の列ができている時、もし優先レーンの対象だと、ものすごく重宝します。日本でも海外でも。

羽田空港の国際線にも優先保安検査場(プライオリティレーン)があります。営業時間はつまり出発のピーク時ですね。

【営業時間】
6:30~11:00 / 21:00~24:00

【主な利用対象】
ANA:ファーストクラス、ダイヤモンド、プラチナ、SFC
JAL:ファーストクラス、ダイヤモンド、サファイア、JGC

他の航空会社もほぼ同等のステータスを持っていれば利用できる、といった感じになっています。詳しくは、現地で上のボードを見て確認してください。ただ、いくつか注意点もあって・・・

■ ビジネスクラスやプレミアムエコノミーの搭乗では利用できない(JAL、ANAほか)
■ 乗る便の航空会社の上級会員でないと利用できない

例えば、JGCは保有しているけれど、今回はキャセイパシフィックのエコノミーだと、利用できません。JGCだとJAL便の搭乗時のみ、です。

それより、ビジネスクラスの搭乗で利用できず、エコノミーでもSFCやJGCがあると利用できるというのも、なんだか不思議ですね。ビジネスクラスは優先レーンを利用できても良い気もしますが。

ただ、関空にある優先保安検査場のように、ビジネスクラスはほぼOKだけど、航空会社によってはファーストクラスでもダイヤモンドでも利用不可、というようなルールだと本当に分かりづらい。羽田のような丁寧な案内板もなにもないですし・・・

ちなみに、保安検査場の後、出国審査場には優先レーンはありません。日本人も外国人も同じ列なので、ここのほうが並ぶかも。それを避けたいならぜひ「自動化ゲート」を登録しましょう。どの空港でも出国も入国も自動化ゲートはたいてい空いています。

保安検査場の混雑状況がひと目で分かるボードも設置されていました。これはわかりやすいですね。関空の国際線、また伊丹にもぜひ設定してほしいところ(特にANAの1F)。保安検査場の通過にかかる目安時間もわかるとなお良いかと。

羽田空港の国際線、就航数がどんどん増えていて、それにかかる設備もなんとか必死に整備していっているという感じがしました。海外での優先保安検査場は欧米諸国などはほぼスタンダードなので、日本もやっと、です。

あとは、出国審査場や入国審査場の優先レーンができること、全国の空港で「統一ルール」になることが今後の課題でしょうか。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい