羽田空港 ゴールドカードで入れる「パワーラウンジ」(第2ターミナル)

東京・羽田空港に、新ラウンジ「POWER LOUNGE」(パワーラウンジ)が、2017年4月27日にオープンしました。

このラウンジは、ANAラウンジやJALのサクララウンジと違い、クレジットカードのゴールドカードなどがあれば無料で入れるラウンジです。羽田空港にいくつかあるカードラウンジのうち、第1、第2それぞれのターミナルのラウンジが1つずつリニューアル。今回訪れたのは、ANA側の第2旅客ターミナルにある「POWER LOUNGE NORTH」です。

羽田空港 国内線旅客ターミナル エアポートラウンジのご案内

場所はどこかというと、「58」ゲートを過ぎ、「51」と「57」の手前にあるエスカレーターを上がった3階。以前のカードラウンジは4階にあったので、その真下ですね。(↓ 羽田空港の公式サイトより)

実は、先月の東京出張時に行くつもりでした。

が、自分の搭乗する伊丹便がおなじみ「NH41」(19時20分発)につき、搭乗口がほぼ中央の「61」。ということで、歩いて往復するにはあまりに遠いし、時間もギリギリだわっ、ということで1ヶ月遅れで。今回は関空行きの「NH97」(20時35分発)、この便も10年ほどよく乗っていて、いつも「53」あたりが多いので、歩いて行く途中だしちょうどいい! と思ったわけです。

この日のNH97、搭乗口をよーーーく見ると「61」・・・・・金曜日の夜、満席しかもビジネス客多かったので”配慮”してくれたのか。当然ながら、保安検査場を過ぎて目の前のゲート。なんてありがたい、いやでも今回はさすがにラウンジ行きたい! ということで足早にGO。それでも、61番ゲートあたりから歩いて10分ほどかかりました。羽田空港、広っ・・・・・最近、保安検査場に近い例の航空会社ラウンジと搭乗口ばかりで本当に歩かないので、ものすごく遠く感じました(← 足が弱ってる 汗)

入口もきれい、ラウンジ内もまだまだきれいでした。上の写真見ての通り、金曜日の夜だから人やや多めながら、席数は十分。窓が大きく、通路も広く、椅子も大きくてかなり居心地いい!

ここはやはり窓側席。机と窓の間に距離があるのと、手すりがあって飛行機を撮ろうとすると見事に写り込んじゃいました。昼ならなんとか撮れるかも? 前の上の階にあったラウンジのほうが飛行機の眺めは良かったです。

ドリンクが無料なのは、トマトジュース、オレンジジュース、牛乳などと、コーヒーマシン、お茶のティーバッグ類。

アルコールは、航空会社ラウンジと違って、有料です。アルコールは一切飲まないので、個人的にはソフトドリンクで十分。おつまみはないけど、サクララウンジ(の例の駄菓子屋さん)は食べないからなくても同じ。

羽田空港の地ビールが、ラウンジで販売されているのを発見。ターミナル内でも売っていると、Twitterのフォロワーさんに教えていただきました。アルコール興味ないとこの辺の情報は疎い・・・・・ただラウンジで飲んでいる方、見かけなかった。

というより、まわりを見渡しても、金曜日の夜なのにアルコールの人が”皆無”なのに驚き。サクララウンジもANAラウンジも、金曜日の夜といえばビール行列ができますから。ビールをお金出してまで飲まない、ということでしょうか。このラウンジ、もちろんビジネスマンばかりでしたけど、皆さん、傍らにジュース(苦笑)で仕事をしたり、スマホを見たり。これがなんだかとても新鮮!

1人あたりのスペースがなにより広く、座席ごとに電源もほぼ完備で、トイレもまだ新しいですし、とても気に入りました。飲まない人間だとこのラウンジで十分。ただ1つ難点・・・・・伊丹行きの搭乗口から遠いこと。席を立ってゲートまで早く歩いても10分はかかる。搭乗案内のアナウンスもないので、うっかり乗り遅れてしまう危険性があります。でもホントこれだけ。

ANA側のカードラウンジは以前すごくお世話になって、でもリニューアル前は窓から飛行機がよく見えるぐらいしかメリットがなかったのが、今回のリニューアルですごく良くなっていたので、(搭乗口によっては)また利用したいなと思いました♪

 

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい