三度の香港、そして中国・深センへ

大阪から香港へ、そして中国・深センに行ってきました。香港はこの1年で3回目、深センは実は初めて(広東省は2回目)

香港だけなら、季節外れの台風がなんと滞在中に直撃したものの、いつもとさほど変わらない旅になっていたはず。ここに「中国」つまり”大陸”がチラッと入っただけで、ハプニング満載の旅に。旅の最後の最後まで、その「中国」に思い切り振り回され、香港国際空港に着いた頃には心身とも疲れ切っていました。いやはや。

なにより香港は洗練されてラク、中国は疲れるけどいろいろ刺激的、という表現がピッタリ来ました。旅の初心者なら間違いなく香港だけをおすすめします、が、旅に人生の刺激やらハプニングやらを求めるなら、やはり中国。香港から陸路で「国境」を越えるのはいたって簡単、しかし空気も人間もなにもかもガラッと急変するのをモロに体感しました。中国だけピンポイントで日本から行くとそうでもなかったのに、香港から近すぎたせいかそのギャップといったら・・・まさに、香港から、日本からも近くて遠い国、中国。

しかし、なぜわざわざ深センに?・・・という答えはいたって簡単で、香港のホテル価格がみるみる高騰しているから。3つ星ホテルでも1泊2万円ほどします。マカオも同様。しかも、昨今の円安はありがたくなさすぎる事態です。一方、深センは4つ星ホテルで1泊7,000円ほど。まぁ、4つ星といってもここは中国、実感として2つ星ぐらいのレベルなのですが、安いことは安い。それでも中国では深センは物価がかなり高いほうです。中国、5年ほど前は1人民元=12、13円ほどだったのが、今や15円超。物価はじわじわと上がってます。それも困る(汗)

ちなみに、深センの空港(深圳宝安国際空港)も視察してきました。深センに滞在したもう1つの理由です。これがまたいろいろすごかった。ネットで画像検索したら出てくる以上に、ただただもう圧倒。国土の広さが違うとはいえ、空港的に日本は勝てない、なんだかそれが率直な感想でした。詳しくはまた別記事で☆

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい