JAL 国際線「787」ビジネスクラス 機内食とシート(大阪-ロサンゼルス)

DSC_6904

今年7月、アメリカに出張した時の機内食、備忘録として載せておきます。
今回は行きです。帰りも同路線・同クラスでしたが、それはまたの機会に。

JAL 国際線 – お食事・お飲み物 (ビジネスクラス)

JAL国際線、長距離線のビジネスクラスでは、和食、洋食(肉・魚)の3種類から選びます。
和食は、9つの小鉢膳です。小鉢の具材などは毎月、内容が変わります。
今年5月のロンドン → 羽田で和食はいただいたので、今回は洋食(肉)にしました。

まず、ウェルカムドリンクとアミューズから。これは和食、洋食とも共通。
通常はカッコよくシャンパンを選ぶところ、お酒が飲めないのでいきなり烏龍茶(汗)
スティックの野菜をオリジナルのソースにつけていただきました。上品なお味でした。

DSC_6901

次に、前菜です。洋食向け。
右のお皿にあるのは「フォアグラ」と穴子、野菜です。
フォアグラを食べるなんてさて何年ぶりだろう・・・さすがビジネスクラス。
左のパンも美味しかったので、もう1個いただきました。

この時点ですでに満腹感がありますが、次がいよいよメイン料理。

DSC_6912

牛のロースステーキです。ソースではなく、コンソメスープ風。
かなりあっさりめの味、でもボリュームはあり、焼き加減もちょうど良く。
濃い味付けのステーキをイメージしていたのですが、これはこれでアリ。完食!

DSC_6916

デザートです。デザートもエコノミークラスとは異なります。
フルーツジュレのような食感、夏だったのもあり、食べやすかった!
ステーキを食べ終えた時点でお腹ギュウギュウなのに、スイーツは別腹でした。

1回目のお食事は全員一斉に提供され、2回目以降は自分の好きなタイミングで注文。
軽い食事から麺類、フルーツ、しっかりした定食まで10種類以上はあります。
どれを頼むか・・・いつも正直、迷います。

しかも今回のフライト、なぜか寝付けなかったので、「食」に走ってしまいました。

DSC_6920

トマトの冷製カッペリーニ、フレッシュフルーツ、スプライト。

カッペリーニは、隣のビジネスマン風男性が食べていて美味しそうで、思わずオーダー。
美味しかったです。おかわりしたかったけれど、ほかにも食べたいのでグッと我慢で。

DSC_6931

そしてせっかくなので、CAさんおすすめで和食の定食までいただきました。
JALさん、機内で提供する南魚沼産コシヒカリの「ごはん」、すごく美味しいんです。
だから、食もどんどん進みます。これも完食しました。

—–

今回、ビジネスクラスということで、関空のサクララウンジで我慢して良かったです。
機内食も、ヒコーキ旅で楽しみの1つ。
JALさんの機内食はさすが日系エアライン、日本人好みのメニューがそろっています。
“世界でいちばん贅沢なレストラン” のコンセプトを掲げて味のレベルもとても高い。

他のエアライン、ビジネスクラスに乗る機会はさすがになかなかないですが(汗)
乗り比べとともに機内食 の“食べ比べ”も、今後頑張って実践したいです。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい