JAL 国内線の最新「JAL SKY NEXT」搭乗レポ

blog_import_5621cab8e734f-480x288

今回の東京出張、帰りの羽田→伊丹、JAL133便が「JAL SKY NEXT」。

今年1月に開催されたJALさんの発表会を取材したものの、実機に乗るのは今回が初めて。予約時、わざわざ「JAL SKY NEXT」に乗るために機材を選びました(→ よくやります 笑)

JAL SKY NETX (JAL 国内線)
http://www.jal.co.jp/skynext/

blog_import_5621cab7e050a-480x288

トップ画像、羽田での離陸直前の夜間照明、もちろんLEDです。これも、発表会の時にも体験したのですが、実際に乗るとスゴくいい!光がやわらかいというか、心地良い感じがしました。また、シートは今回、普通席だったのですが、黒い革張りは座り心地がとてもいい。そして何より、シートピッチ(前後のシート間隔)が格段に広い!!この広さに慣れると、他の機材での普通席に乗りづらくなります(苦笑)

搭乗口で、「JAL SKY NEXT」で運行することがアナウンスされていました。それだけ、JALさんの”気合”も感じられました。前から見ると分かりづらいですが、「JAL SKY NEXT」は機体上部に”コブ”があります。これが、機内でインターネット (Wi-Fi) が利用できる「JAL SKY Wi-Fi」。

また、9月1日から、電波を発しない状態での電子機器の使用が解禁されました。羽田ではD滑走路から離陸だったので、JALやANAなどのハンガー(格納庫)のそばを通過。iPhoneで撮ったのですが、すごく近い!!

次は、ちゃんと一眼レフカメラでスタンバイします。・・・というのも、今回も撮りたかったのですが、翼の横しか座席指定ができず(汗)機内からちゃんと撮るなら、事前に窓側席を早めに押さえないとダメだと痛感。前方の窓側席で寝ているビジネスマンのおじさまを見ると「席、変わって~」と、心の中で叫んで叫んでおりました。。

場合によっては、JALだと「クラスJ」もアリかと思います。ファーストクラス?・・・さすがに一眼レフカメラ、出しづらいので(苦笑)

blog_import_5621cab9bc8a7-300x169

あわせて読みたい