JAL 国際線「SKY SUITE 777」 搭乗レポ(成田-ニューヨーク)

blog_import_5621ca83b2356-449x300

久々のブログ更新。日ごろ「Twitter」「Facebook」「Instagram」で発信していると、ブログがどうしてもおろそかになってしまうのをなんとかせねば。がんばります!

今回、2013年2月に搭乗したJAL国際線「 JAL SKY SUITE 777 (Welcome! New Sky)」を取り上げます。利用路線は、東京(成田)~アメリカ・ニューヨーク(JFK)で、利用クラスはエコノミークラス、帰りはプレミアムエコノミー。プレミアムエコノミーのインプレッション(感想)などは現在、全国発売中の航空雑誌『月刊エアライン』最新号の自分が担当する連載「空美的ヒコーキ趣味道」でも少しだけ紹介しています。

■ シート

これまでさまざまな航空会社のエコノミークラス、中長距離路線をかなり利用してきた経験から、座った瞬間に感じたのは「広い」の一言。日本人女性の標準体格である自分がシートに座ると、足が組めるほど前のシートとの間隔に“余裕”がある。シートの生地もまだ新しいせいか、清潔感あり。ヘッドレストは頭の高さに応じて調整可能。ただ、横に大柄な人が座ると、エコノミークラスなので狭いと感じるのは致し方ないところ。幸い、自分の隣りは空いていたものの、成田~ニューヨークの昼便は人気なので行きも帰りもほぼ満席でした。

■ シートまわり・設備

まるで“かゆいところに手が届く”といわんばかりに「小物入れ」がいくつかありました。ペットボトルやiPhoneなどがピッタリ入る、特に細々した物が多い女性にとってありがたく。そのスマートフォンに最適な物入れ近くにはUSB電源があり、iPhoneを入れたまま充電できる、少々の揺れで落ちる心配もありません。こんな気配り、さすが日系航空会社!

タッチパネル式10.6インチの前方モニター、大きくて、機内エンターテイメントがサクサク選べます。機内エンターテイメントのラインナップも日系航空会社ならでは、日本人好みの映画やドラマ、アニメなどがラインナップされ、成田とニューヨークの往復でも見たい作品盛りだくさん、そう、寝る間も惜しいほど・・・

あと、機内でWi-Fiが利用できます。実際に利用してみましたが、これはまた別の記事で詳しく紹介します。

blog_import_5621ca843de6b-640x288

■ 機内食
機内食はあくまでエコノミークラス(笑) ですが、機内食のレベルは年々上がっていて、しかもそこはJAL、日本人好みのメニューと味付けです。そして、JAL国際線ならではの「AIR機内食」は、成田発の長距離便、プレミアムエコノミーとエコノミークラスのみ。実は、どの航空会社を利用するか選ぶ時、機内食までチェックして「AIR機内食」がケンタッキーフライドチキン(KFC)だと知り、「JALにしよう!」と決めた1つの理由です(※ 実は大のKFC好き)。もし、KFCでなかったら、JALに乗っていなかったかも・・・というのも、到着前の朝食メニューがこれだけなので、自分が苦手なメニューだとほとんど食べられない、という事態にもなりかねず。機内食、エコノミークラスでも事前にチェックできる航空会社は多いので、偏食や苦手な食べ物がある方はぜひ”事前チェック”がおすすめですよ。

blog_import_5621ca84b8e70-640x288

「JAL SKY SUITE 777」、大いに気に入りました。エコノミークラスでもこれだけ快適な航空会社はほかにない(と思われる)。できれば、次の欧米出張でも利用したい。しかも、プレミアムエコノミーなど、一昔前のビジネスクラス並みなので、ビジネスクラスやファーストクラスはどんな世界なのか・・・がんばって働かないと、稼がないと(汗)ですが、機会あればぜひご搭乗ください。

+++++++++++++++++++

あわせて読みたい