LCC「ジェットスター・ジャパン」 搭乗レポ(大阪-那覇)

blog_import_5621bdf1270af-448x300

飛行機に乗ったのをじっくり振り返る間もないまま、次また飛行機に乗る。
そんな人生をずっと続けています。

2013年11月6日 ジェットスター・ジャパン
大阪・関西→沖縄那覇 GK353便(13:40-15:55)

ジェットスター国内線に乗るのは、7月31日の関空→成田以来。
今回、セールで航空券を「2,990円」で入手しました。

これでも大阪から那覇まで行くには、とても安い。
大手航空会社(ANA/JAL)だと、通常運賃が片道34,200円、
最も安い「特割」でも3万円弱します。

2,990円の航空券を入手して喜んでいたのもつかの間の出来事で、
その後、同区間、しかも搭乗日も含まれたセール「990円」が登場!

LCCのセールとは “喜怒哀楽” させられるものなのだと、思わず実感。

さて当日、13時40分発なので、昼前に自宅を出て南海で関空へ。
いつものPeachと違い、ジェットスターは第1ターミナルの利用。
エアロプラザからバスに乗らなくていいだけで精神的にちょっとラク(笑)

blog_import_5621bdf1adce3-448x300

2,990円の航空券、座席指定をしていませんでした。
ジェットスターのチェックインカウンターそばにある自動チェックイン機で、
ドキドキしながら発券すると、なんと「1C」

左最前列のシートは「エクストラレッグルームシート」といい、
座席指定すると追加で1席あたり850円かかります。
自分にこのような「特等席」がなぜ割り当てられたのかは一切不明。

ランチを空港で食べるには出発時間が微妙な時間になっていました。
LCCは早め、早めの行動が基本。大手のように待ってくれません。
那覇までは2時間以上の飛行時間があり、空港内のおなじみ「551蓬莱」で、
焼き飯のお弁当を買いました(ラウンジに立ち寄るのはすっかり忘れていた)

そして、保安検査場を通過して搭乗口に向かおうとしたら・・・・・

「ジェットスター・ジャパン353便、日本航空・・・・・」

こんなアナウンスが耳に入りました。瞬時にイヤな予感。
出発案内のモニターを見ると、案の定「遅延」のお知らせです。
しかも、50分も。さすが、LCC。

blog_import_5621bdf227653-448x288

隣りの搭乗口に駐機しているJTA(日本トランスオーシャン航空)を眺めながら、
機内で食べる予定の弁当を半ばやけ食いです。
さすがJTA、同じ那覇に向かって定刻に出発していきました。
こちらは出発予定時刻になっても、機体の影すら見当たりません。

やっとジェットスターの機体が姿を現したのは、14時20分ごろ。
機体は、シャークレット付きの「JA13JJ」。

予定では14時30分に出発時間が変更されていましたが、先の搭乗客が降り、
機体の確認をし、搭乗して出発する時間を想定すると、10分で離陸するとは、
とても思えませんでした。案の定、離陸したのは15時前。

遅延の原因は、前便が成田空港での機材確認に時間がかかったから、と。
以前、機材確認のミスで大量の欠航が起きていたので、欠航しなかっただけ良い。
しかし、日中のしかも平日に1時間半の遅れとは。
ジェットスター・ジャパンの今後が、思わず心配になりました。

ひとまず、機体に入って自分の席に着席。
この「1C」には前に壁などもなく、CAさん2名と向かい合わせです。
向かい合わせを好まれる方もおられるようですが、自分はまったく逆。
上空飛行中、CAさんに声をかけ、空いていた2Cに移動しました。

blog_import_5621bdf2c6696-448x300

搭乗率は50%ほど。
990円セールもしていた割に、あまり良くありません。

ジェットスター・ジャパンの機内サービスはすべて有料。
搭乗していた4名のCAさんがワゴンを押して販売していきます。

前回に搭乗した際、ジェットスターのクッキーを食べましたが、
飲食のメニューがまた変更になったようで、クッキーはセット販売のみ。
お弁当や軽食などは以前より若干増えている気がしました。
Peachもそうですが、ドリンク類も小さなペットボトルが200円など機内販売では、
良心的な価格だと思います。

blog_import_5621bdf357a5a-448x300

1つ、気になったのが、ジェットスター・ジャパンのマスコットキャラクター、
「ジェッ太くん」のぬいぐるみ。今年10月から登場したそうです。
値段もさることながら、とにかく大きい。でも、かわいい。
連れて帰るべきか、とても迷いました。でも今回は断念。
予算よりも、スーツケースに入る大きさではなかったので・・・・・

ちなみに、このぬいぐるみは1機あたり最大5個しか搭載してないとのこと。
入手されたい方は、在庫があるうちに確保することをおすすめします。

結局、沖縄・那覇空港に到着したのは、17時過ぎ。
LCCターミナルのPeachと異なり、「沖止め」で第1ターミナルからバス移動でした。

その後、レンタカー会社の無料送迎、レンタカーを借りて瀬長島ホテルに着くと、
日没が早いのですでに空は真っ暗。飛行機はもう撮れませんでした。残念。

ジェットスター・ジャパンは通常、毎週金曜日に「セール」を実施します。
確実に情報を得るには、メールマガジンの登録をおすすめします。
自分が予定する日や便で、セール運賃で入手できるとラッキーです。

ただ今回のように、大手航空会社よりも確実に遅延する確率は高いです。
最悪、欠航する場合もあります。
その場合、最安値の航空券だと、振り替えてもらえない場合も出てきます。
LCCなので、その辺りの「リスク」込みで利用しないといけません。

特に、関空発だとPeachと違ってジェットスター・ジャパンの関空-那覇は、
1日1往復しかないので、欠航したらその日に移動できない心配も。
Peachも含め、当日の航空券購入はとても高額になります。

機内サービスはまったく問題ありません。むしろ、かなり良い。
というのも、離陸時は最前列で、手荷物を上の棚に入れなければならず、
CAさんが率先して入れてくれ、シートベルト着用サインが消灯した途端、
すぐにま
た出して、笑顔で渡してくれました。
某大手航空会社のプレミアムクラスほどの速さ(笑)

ジェットスター・ジャパンやPeachが就航し、関西から那覇までの空路が、
安価で行くことができるようになり、グンと近くなりました。
沖縄は冬でも気温20度前後までしか下がらないのでおすすめです。

あわせて読みたい