大阪・関西空港 キャセイの「ラウンジパシフィック」

キャセイパシフィックのラウンジといえば、拠点の香港は言わずもがな、羽田や台北も立派なもので、世界数多のエアラインの中でも群を抜く豪華さと最高のサービスを提供する場所だと、利用する度につくづく感じます。

そのキャセイ、我が地元の関空にも、自前のラウンジがあります。出国審査を終えてスカイシャトルに乗り、中間駅で降りて2~3番ゲートの間あたりです。ラウンジの利用基準は、ビジネスクラス以上の搭乗客、もしくはワンワールドサファイア以上の上級会員。フィンエアーやマレーシア航空の指定ラウンジにもなっているようです(入口に案内がありました)

なお、関空の保安検査場にある優先レーン、キャセイでは全クラスで利用不可なのでご注意を。

さて、ラウンジ。最初に言ってしまうと、香港はもちろん台北、羽田と比べてはいけません。

キャセイはワンワールドながら、関空では「北ウイング」なので、ラウンジも北ウイングにあります。朝と夜の北ウイング裏にキャセイの大型機が並ぶのはいまや関空名物。あそこはもはやほぼキャセイ専用スポットですね。

フード、ドリンク(アルコール含む)、電源、Wi-Fi、トイレ・・・一通りは、あります。手巻き寿司やカップケーキ、サンドイッチ、クッキーという感じ。香港や羽田、台北にある「ヌードルバー」がない代わりに、なぜか日清のチキンラーメンがこのように並んでいました(苦笑)

そういえば、ここでの「紅茶」はどうだったのか、思い出せません。すごかったら覚えているはずなのでしょうけれども・・・

ラウンジ内部。人がたくさんはっきりと写ってしまっていたので、ちょっとぼかしてみました。雰囲気がなんとなくわかっていただければ。

関空のターミナルの構造上、致し方ないのが、ターミナル内のほとんどで「窓がない」ことです。窓がほぼすべて搭乗口に向いてしまっているので、内部は必然的に窓なしになってしまい、ラウンジもなんとなく暗いといいますか、閉塞感が漂ってしまっています。しかも、朝はキャセイだけで3便続くのでけっこう混んでいて、特に中華系の方々多く、いつもたいそう賑やかな感じです。

香港などとは比べるまでもないけれど、関空のラウンジ基準(?)からすると、これでもまだ普通のレベルかと。ただ、フードやドリンクなども、香港とまでは行かずとも、もうちょっと頑張ってほしいかなとは思います。

なお、5月末にも香港に関空からキャセイで行くことになったので、このラウンジを再び利用予定。なにか変わったことがあれば、補足します。紅茶もチェックしなければ。

++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい