大阪・関西空港 「カードメンバーズラウンジ金剛」(国際線南ウイング)

地元の関西空港で、カードラウンジを利用することは、実はほぼ皆無。

というのも、ずっと以前に国際線で、どこのラウンジかもう忘れた、ラウンジが「満員」で入室できなかった苦い経験がありまして。そのため、航空会社ラウンジが利用できる時以外、搭乗前はゲート前をウロウロしています。飛行機や滑走路もよく見えて、楽しいので。

今回、韓国・ソウル行きのジンエアーで、たまたま「カードメンバーズラウンジ金剛」の前を通ると、そんなに混んでもなさそうだったので、思いきって入室してみました。

入室する際に提示したのは、JGCが入ったVISAゴールドカード。JGCならば、JAL便利用だとすぐそばのJALサクララウンジを利用できるので、ちょっと悔しい。ちなみに、海外のラウンジでおなじみ「プライオリティパス」では利用できないんです、意外。

関空恒例、窓がないラウンジです。実のところ、窓があるほうが珍しいです・・・JALサクララウンジはあるからけっこうお気に入り。

さて、ずいぶんと空いていると思いきや、けっこう人はいました。でも、座る席はけっこうあったのでラッキー。ビジネス客半分、レジャー客半分といった感じ。スマートフォンなどが充電できる電源も多く、無料Wi-Fiもラウンジ独自で飛んでいました。デスク型のテーブルもあるので仕事もできるものの、話し声などは(内部が狭いだけに)けっこううるさいなと思った次第。

ドリンクコーナー。アルコールはもちろん有料。

いつも思う、ソフトドリンクは、航空会社ラウンジよりカードラウンジのほうがはるかに充実しているという摩訶不思議な現象。ここも、一通りのソフトドリンク(ホット・アイス)、コーヒーサーバー、そして、スープまでいろいろと。インスタントとはいえ、けっこう、いやかなり豪華なラインナップ。

アルコールを呑まない人間にとって、カードラウンジのほうが近ごろはドリンクの選択肢が多くていいかも・・・と思うこと多々。

ソフトドリンク用の紙コップ、なんと飛行機柄。北ウイングのカードラウンジも同じなのか、ちょっと気になるところ(次に行かねば!)

ちなみに、中身はいつもの「リアルゴールド」です。どうしても寝不足がちには効きます。こういうエナジー系ドリンクも航空会社ラウンジではまったく見かけないのがもう謎すぎる・・・

カードラウンジなので、航空会社ラウンジのような軽食はなく、おつまみのみ。

こうやって置いておくと、ガサッと大量に取って自分のカバンに入れてラウンジから持ち出す人が本当に多い。いちおう注意書きはあっても、ほとんど効果がないんじゃないかといつも思うところ。もう受付で、希望者に手渡しで良いかと・・・

ひとまずドリンクを飲み、スマートフォンを充電したら、あとはサッサとゲート前に戻って「飛行機ウォッチング」再開。関空はターミナルに展望デッキがないので、ゲート前の飛行機などは搭乗時しか撮れず、個人的にはここがけっこう貴重なチャンス。

特に、朝10時頃は出発便が多い時間帯。この日も、南ウイングだけでKLMの787、ベトナム航空の787とA350などを激写。シンガポール航空がA380の日でなかった、エールフランスやエアカランも来ない日だったのが残念でした。

ちなみに、関空の南ウイング、ゲート前に「ソファ」が新たに導入されたようです(↑)

なんとなく海外の(優秀な)空港に近づいてきた気がします。空港の無料Wi-Fiも以前より使いやすくなり、充電スポットも増え・・・あとは南ウイングにも(北ウイングにある)「ファミリーマート」があれば最高。これ切望してます。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい