LCC「ピーチ」 セール運賃1,480円で仙台へ

blog_import_5621cc25a4837-480x288

LCC「Peach(ピーチ)」、久々に乗りました。昨年2月の大阪・関西=松山便の就航、搭乗取材以来だったので、ほぼ1年ぶり。Peach の搭乗率の良さ、評判などは日々、耳に入っているものの、関空でも第2ターミナルで離れていて、なかなかその様子を見に行く余裕もなく・・・

搭乗したのは、関空→仙台。朝11時半に出発する便で、航空券は以下の通り。

■ 航空券代 1,490円
■ 支払い手数料 330円(クレジットカード、PC)
■ 座席指定料金 440円(プレジャーシート ※窓側) ← 先に搭乗して荷物を上に入れたい
■ 関西国際空港旅客サービス施設使用料 410円(T2出発)

合計 2,670円

セールで1,490円、安っ!!!・・・と思ったものの、合計すると1,000円以上アップ。それでも伊丹発の大手よりはぜんぜん安いのだけれど。

そして搭乗当日、平日でしかもセールするぐらいなので、さぞ空いているのかと思ったら、保安検査場は長蛇の列、搭乗待合室も座る場所がないほど人がたくさん。Peach 人気、良く分かりました。自分の便、機材繰りで15分ほど出発が遅れたけれど、許容範囲。わざわざ窓側席を指定したのは、真っ先に搭乗して機内持ち込みのスーツケースをシート上にさっさと入れるためです(← LCCは荷物を入れるスペースも早い者勝ちの争奪戦)

久々に乗って感じたのは、シートピッチの狭さ。近ごろ大手ばかり乗って慣れてしまったか、前のシートに足、ぶつけまくり(苦笑)・・・搭乗率、平日昼の便に関わらず、ほぼ満席。客層は、スーツ姿のビジネスパーソンはほぼ皆無、カジュアルな服装の若者や中高年が多かったです。関西→仙台、約1時間半ほどのフライトなので、ちょっとウトウトした間に到着。

比べてはいけないのだけど、運賃が大手のほぼ10分の1(!)であることを考えると、LCCの安さはやはり魅力です。そして、Peach を利用する、LCCに乗るスタイルが、関西で定着しつつあるのかな、と。チェックイン時など、自動チェックイン機で自分で搭乗券をさっさと発券するリピーターらしき若者、多く見かけました。

最後に。お得なセール運賃、ぜひメールマガジンを登録しておくのをオススメします(↓)

Peach http://www.flypeach.com/

blog_import_5621cc2667b87-480x288

あわせて読みたい