2015年のラストフライトは「peach」(長崎→関西)

DSC_2688

2015年ラストの出張先が、長崎でした。
行きは、スカイマークで神戸から向かいました(搭乗レポ ↓)

スカイマーク 割引運賃「いま得」搭乗レポ(神戸→長崎)

そして、帰りは LCC「peach」 に乗ることにしました。
せっかく長崎便もありますし、久々の peach 搭乗にワクワク。
2015年最初のフライトは peach、そしてラストも peach となりました。

■ peach の航空券が SKY より高かった!

peach はLCCなので、運賃は空席状況などによって便ごとに変動します。
今回は合計で【5,080円】でした。内訳は以下の通り。

航空券 4,750円(施設利用料含む) + 支払い手数料 330円=5,080円

ちなみに、最初にウェブサイトで表示されたのは、4,390円。
この運賃、通常期ではほぼ「底値」です。
この時点では、スカイマークの「いま得」4,600円よりも安かった。

関空で第2ターミナルを利用する時は国内線でも施設利用料があり、
peachでクレジットカード支払いだと手数料がプラスされます。
結局、合計金額でスカイマーク越えとなってしまいました。

座席指定や手荷物、支払いなどで手数料がかからないSKYと比べ、
高くなってしまっているのに、peach の人気ぶりがうかがえました。
昨今の報道などによるイメージの差でしょうか・・・

ともかく今回、行きはSKYで「乗り比べ」るのもあり、peach に。
たとえ5,000円であっても、大手よりは十分安いです。

■ peach で手荷物を空港で預けると高すぎる

帰り、長崎でお土産が増えてしまい、カメラ機材などもあったので、
とても手荷物だけで持ち込める量を超えてしまいました。

空港のチェックインカウンターで、受託手荷物の料金を聞くと、
なんと1個あたり「2,260円」。高っ!

ちなみに、ネットで事前申し込みだと「1,200円」。
もし、土産が増えすぎたらおとなしくネットで申し込みましょう・・・

荷物は結局、長崎空港から大阪まで送りました。
「ゆうパック」の窓口が、空港内にあります(ターミナル1F)
翌日午後以降の到着で、720円~。
いさぎよく送ってしまったほうが、関空からの帰りもラクでした。
(長崎空港にはクロネコヤマトもありました)

【参考】
LCC「Peach(ピーチ)」サービスと使いこなし [飛行機の旅] All About

■ 定時運航、窓側席で快適すぎるフライト

DSC_2705

そして、搭乗です。今回は遅れもなく、定刻での運航。
搭乗率は7、8割ほど。若者、小さなお子様連れが多かったです。

座席は「25A」。事前指定はせず。(本来は有料の)窓側席。
すぐ着くからと指定しなかったのですが、やはり窓側席は良いです。

peach の窓側席、たとえ有料でも先に搭乗でき、シート上の物入れに、
自分の荷物を入れるスペースを真っ先に確保できますから、おススメです。
関空到着時、後ろのドアもたいてい開けてくれるのですぐ出られます。
もちろん、飛行機好きにとって、機窓からの光景も貴重!

DSC_2701

機内限定のグッズやフード類、その他のカタログ類。
peach に乗るたび、どんどん充実しているのがわかります。
今回のフライトは短いので、悩んでいる間に販売時間終了。
もし買いたい、食べたいものがあれば即オーダーしてください。

関空に着いたのは17時ごろ。
この時間なら、たとえ飛行機が遅れても十分帰ることができます。

LCCのおかげで片道5,000円足らずで、飛行機に乗って気軽に旅ができる。
いい時代になったよね、と改めて。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい