新千歳空港から無料シャトルバスで行ける「ノーザンホースパーク」

今回の北海道出張の目的が「新千歳空港」ではあったものの、初日に飛行機はあらかた撮り、空港でミーティングもでき、翌日は曇り空で、飛行機の撮影としてはかなりイマイチとなってしまい、さて夜の便までどうしよう・・・と考えた末、せっかく北海道まで来たのに、空港だけで終わってしまうなんてやはり悲しい、虚しいので、空港の外に思い切って出ることにしました。

といっても、たった数時間のために車を借りるのも、札幌まで出るのも億劫と思っていたら、空港の近くでおもしろそうな施設を見つけました。

ノーザンホースパーク公式サイト – 馬とふれあえる北海道のテーマパーク

実は、15年以上前に訪れたことが。ただ悲しいかな、当時の記憶なし。たぶん競走馬を見に行ったんだと思うけど(社台スタリオンステーションが近い)

ノーザンホースパークまで、ありがたいことに、新千歳空港から日中に1時間ごとに「無料シャトルバス」が運行されています。バス停は、ターミナル1階を出て交番の近く。スーツケースを持ったまま乗っていた人もけっこういたので、皆さん出発までの待ち時間にここに行くのでしょう。おひとりさまもチラホラいました。

バスで20~30分ほど到着。道中、馬や牛の牧場が見えてきて「わぁ、北海道に来た!」という気分、早速味わえました。空港のターミナル内だけじゃ、さすがにそれはないので(苦笑)

入場料は大人800円。入場ゲートのところでバスが一旦停止し、車内でスタッフの方が回ってくるので支払います。ちなみに、年間パスポートは1,600円なので2回行くと元を取れちゃう計算。これ買えばよかったなと、あとでちょっと後悔。

馬の見学や園内の散策などは無料、乗馬体験や自転車、パークゴルフなどは有料といった感じです。

それにしても、本当に自然に溢れていて、敷地もすごく広い。ただ歩いているだけで、心身ともにすっかりリフレッシュできました。冬は雪景色でスノーモービルができるらしいので、次は冬も行ってみたい(施設は年中無休)

施設名の通り、「馬」がたくさんいます。特に、引退した競走馬がたくさん。競馬が好きな人だと、かつての名馬と巡り合えるかも。誰でも見学できる厩舎がたくさんありましたし、馬が洗ってもらっているところや蹄鉄工房も間近で見られ、馬との距離が本当に近い。ポニーと一緒に写真も撮れるし、触れます(たまに噛まれるらしいけど)

しかもなにより、馬フンのニオイがほぼゼロ(笑) 施設も馬も、すごく清潔できれいでした。園内にはゴミすら落ちてないし、素晴らしい。

ポニーのショーもありました。これも無料。ポニーがサッカーをしたり(よく見るとコンサドーレ札幌のユニフォームを着てるし!)、ポールを飛んだり、脚を上げたり。ポニーってそんな芸ができるんだ! と思わず拍手でした。

売店に立ち寄ると、ポニーのぬいぐるみやキーホルダーは良いとして、ディープインパクトやキタサンブラックなど競走馬のクリアファイルやポストカード、勝負服のスマートフォンケースやTシャツ、騎手のゴーグルやムチ・・・と、半ば競馬ファン向けショップとなっていて、思わず苦笑いでした(で、1頭お持ち帰り)

北海道定番のソフトクリーム、スイーツ、塩ラーメンほかいろいろ、グルメもなかなか充実。昼に空港で海鮮丼を食べてしまったので、ここでは控え目に、ハスカップ味の飲むヨーグルトを。美味しかった。なにより大自然の中で飲んだから、ますます美味しかったのかも。

滞在2時間ほどだったけど、満足度すごく高かったです。無料シャトルバスが便利すぎる。空港から車がなくてもすぐ行って帰ってこれる、北海道の自然も満喫できるのが良いですね。おすすめです♪

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい