世界の空港スタバ | 中国・上海虹橋国際空港

6月も半ばを過ぎ、2017年もあと残すところ半年、と考えると、月日が経つのがなんと早いことか。と思いつつも、今年のフライト数がついに45回(国際線長距離含む)に達しました。その数を伝えるとたいてい、というよりほとんどの方々から「そんなに乗ってイヤにならないか」と言われても、まったく苦になっていないところ、根っからやはり飛行機が好きなんだなと。6歳1週間から1人で、この20年はほぼ間断なく乗り続けても、まったく飽きません。2017年の後半はさて、どこに行くのか。でもその前にやることやらないと、です。

=====

さて、6月初め、上海に行ってきました。中国5回目にしてついに上海です。上海には「虹橋」と「浦東」、2つの空港があります。ほとんどの国際線は「浦東」、中国の国内線と羽田便などごく一部の国際線が「虹橋」という括りがわかりやすいかと。自分の便ももちろん浦東。しかし、虹橋のほうが上海中心部から近く、ちょっと時間があったので行ってきました。

中国の空港では入口で必ずセキュリティチェックがあります、たとえ飛行機に乗らなくても。ただ手荷物を通すだけで搭乗時よりは緩めです。

で、空港にある「スターバックス」チェックです。結果論から述べると、虹橋空港の一般エリアで2店舗、第2ターミナルの制限区域内1店舗(虹桥西航站店)があるようです。中国のスターバックスの公式サイトによると。

まず、上のお店は、第2ターミナルの一般エリア到着口を出た近くにある「虹桥机场T2到达店」。第2ターミナルは、中国国内線が発着します。第2ターミナルのスタバ、以前はチェックインカウンターが並ぶあたりにあったようで、ウェブで検索するとその画像がたくさん出てきますが、現在その場所は「コスタコーヒー」に変わっていたので、要注意。

上のお店、見ての通り、テイクアウト専門店のようでした。ただ近くにフードコートがあるので、座る場所には困りません。

そして、国際線が発着する第1ターミナルの「虹桥机场T1出发公众区店」がこちら。チェックインカウンターが並ぶ一角にひっそりとありました。店内には少しだけカウンターと椅子が5、6脚ほど。あまり長居できる雰囲気ではないです。テイクアウトしてその辺のベンチで座ってのんびりするのがおすすめ。

どちらの店舗も、「上海」をはじめとした中国のご当地マグカップがいくつか揃っていました。お土産にも良いかと思います。

ただ、上のお店に、昔の空港や飛行機の写真がいくつか飾ってあったのを見逃しませんでした。唯一、空港にあるスタバらしいといえばこれだけでしたが、見つけた時は嬉しかったです♪

ちなみに、第1ターミナルと第2ターミナル、徒歩移動はできません。いやなんとかできるかもしれませんが、滑走路を跨いでとんでもない距離です。中国のスケールは馬鹿にできません。移動はお金がかかっても面倒であっても「地下鉄」になります。3元です。飛行機に乗る時くれぐれもターミナルを間違えませんように・・・

スタバが好きでもし中国を訪れる機会があれば、市内のスタバに行く時間がなかったら最後の手段、空港でぜひ立ち寄ってください。特に、フードとスイーツ、日本以上にラインナップが豊富です。上のような思わず買ってしまうスイーツも季節ごとに入れ替わりで発売されます。中国の市価と比べるとかなり高めですが、日本といろいろ比べてみると本当におもしろいので。雑貨系も日本と違うものもチラホラ見かけます。最近、中国に行く度、スタバに行くのがなぜか楽しみになってしまいました、おかげさまで!

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい