シンガポール・チャンギ空港 SATSプレミアラウンジ(ターミナル2)

シンガポール国際空港のラウンジ、航空会社ラウンジを除いても、3つのターミナルで合計10ヶ所(!)もあります。さすが、東南アジア随一、ビジネス客が多い拠点(ハブ)空港。

そこで、今回利用するターミナル2のラウンジをすべて訪ねる、なんてことをしたかったのもやまやまだったものの、朝11時発の便、いくつものラウンジを巡るとなるといったい何時起き?・・・と考えただけで即・無理だと判断。「ひとまず1ヶ所、どっかのラウンジに行く」ことにしました。

自分の便の搭乗ゲートに一番近かったのが、この「SATSプレミアラウンジ」。すぐ近くに、シンガポール航空のラウンジもありました。プライオリティパスで利用できます。ちなみに、ANAのプレミアムエコノミークラス利用でも、このラウンジが指定されるようです。

まず、一番大事なこと。このラウンジに【シャワー】はあります。トイレの個室の並びに、3ブース分がシャワールーム。豪華ではないけど、清潔感ある国なので問題なく利用できるかと。一応、シャンプーとボディソープもあったものの、タオルは今回利用していないので、受付で貸してもらえるかどうかは不明。

ラウンジ内、窓があって明るい雰囲気です。が、飛行機は残念ながら見えないのでご注意を。

ソファごとに電源があり、スマートフォンなども充電できて便利。調度品や絨毯などもきれいで居心地良し。もちろんラウンジ内【Wi-Fi】も利用できます。

【軽食】コーナーで見つけた、東南アジアの麺「ラクサ」。上に、自分で味をアレンジして作るのにマニュアルもありました。

ラウンジで、こういうご当地グルメを見つけると、なにげにうれしいです。

ほかに、中華まんやお粥、ソーセージやスクランブルエッグ、サンドイッチ、パン、サラダなどのラインナップ。クッキーなどもあって、たっぷり食べるとお腹いっぱいになるレベルです。

プライオリティパスのラウンジでお腹いっぱいの食事が揃っているのはありがたい限り。今回、朝食を食べ、機内食もあると考えると、少食で済まさざるを得なかったのが返す返すも残念・・・

で、個人的に必ずチェックする【紅茶】のティーバッグ。JALにも置いてある「Dilmah」(ディルマ)でした。ただ、JALのサクララウンジのように茶葉が1種類でなく、何種類かがこういうふうにわかりやすく置いてあるの、良いですね。隣りには、セルフのコーヒーマシンもありました

そして、【アルコール】は、ビールはシンガポールのタイガービールが飲み放題、ワインもいくつか。すべて無料。

ちょうどF1開催時期だったのもあって、ラウンジにこんなPOPも。半個室のようなブースもあって、打ち合わせにも利用できそう。

結論としては、プライオリティパスで利用できるラウンジとしては、満足度がかなり高いほう。タイもしかり、東南アジアのラウンジは軽食もちゃんと揃っていてシャワーも大抵ある、しかも清潔感もあるので、レベルが高いと本当に思います。

次のシンガポール出張はLCC、しかも深夜出発の予定なので、ラウンジ内のシャワーが重宝しそうです。

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい