兵庫・但馬空港 「但馬 空の自然教室」に行ってきました

blog_import_5621cc8b92cbb

兵庫県のコウノトリ但馬空港で、2015年8月22日、イベント「但馬 空の自然教室」が開かれました。但馬空港を訪れるのは、今年6月以来。前日、伊丹から但馬には、JAC(日本エアコミューター)のSAAB340Bで、夕方の便で飛びました(伊丹=但馬は1日2往復)

さて、どんなイベントだったかというと、まず、空港ターミナルのそばに展示されている、いまや“但馬空港名物”ともいえる国産旅客機「YS-11」の内部見学。通常は外観のみしか見られないので、来場者の皆さまにとっては貴重な機会になったかと思います。特別にコックピットにも座れるとあって、少し行列ができていました。

自分が実際にYS-11のコックピットを見た率直な感想・・・・・「アナログ感、満載」でした。昔の飛行機ですから。そしてこれからも大事に保存していって欲しいです。

blog_import_5621cc8c60f6d

また、但馬空港の「管制塔」内部の見学も。全国の空港で管制塔に一般で入ることができるチャンス、そうそうありません。管制塔の窓からは滑走路が一望できました。

そして、ターミナル発着のバスツアーでは、スカイダイビング用のセスナ機が駐機してあるハンガー見学もありました。但馬空港、実は「関西ではスカイダイビングのメッカ」と言えるほど人気で、大阪や神戸などからわざわざやってくる人も多いんです。自分も別の場所で一度、スカイダイビングをやったことがあるのですが、機会あれば但馬空港でも飛んでみたい!

blog_import_5621cc8ce004e

イベント中、あれこれと写真を撮ったり、見学ツアーに参加したりしていましたが、途中、但馬エリアのFMチャンネル「FMジャングル」さんの中継にも出演しました。声だけの出演とはいえ、生中継(!)は久々。実は、YS-11の前でこんなふうに中継していました。

blog_import_5621cc8dc1abe

やや心配だった天気もなんとか持ちこたえ、イベントは無事終了。夕方の便で再び伊丹に戻りました。伊丹からたった40分で行ける但馬空港、空気もきれいで空が青い!!・・・イベントでは「但馬牛」の牛串なども人気でした。次はさて、カニの季節かな・・・ぜひまた訪れたいです☆

blog_import_5621cc8e76306

++++++++++++++++++++

■ twitter →
■ Instagram →

■ 雑誌『月刊エアライン』で「空美的ヒコーキ趣味道」連載中 →
■ All About 「飛行機の旅」ページを担当しています →

■ 取材・撮影などのお仕事、メディア取材・講演依頼、その他お問い合わせ先 →

++++++++++++++++++++

あわせて読みたい