航空券 トランジット/ストップオーバー/オープンジョーの違い

「All About」に最近、以下の記事を書きました。(上の写真はタイのバンコク・スワンナプーム国際空港)

ストップオーバーとは?その魅力や予約方法
航空券の「オープンジョー」とは 予約と買い方

航空券、目的地に単純往復するなら、なにも難しいことはないです。一方、「いろいろな場所に行きたい」「周遊旅行がしたい」などの場合、複数の目的地の航空券を、「とにかく安く」「マイルがたくさん貯まる」など自分のニーズに合わせたチケットをいかに賢く入手するかが大事。そこで「ストップオーバー」や「オープンジョー」、そして「トランジット」が重要になってきます。

この3つ、簡単に説明すると、以下のようになります。航空会社や航空券によって不可だったり可能でも追加料金が必要だったりします。

■ トランジット(乗り継ぎ)・・・24時間以内に次の目的地へ(24時間以内なら入国も宿泊もOK)
■ ストップオーバー(途中降機)・・・乗り継ぎ地で24時間以上の現地滞在。滞在期間に制限があったりなかったり。
■ オープンジョー・・・旅程の途中で鉄道などの地上移動を含む、または出発地と到着地が異なるような航空券

個人的に、上の3つともけっこう使います。例えば、先日の中国、中国国際航空で大阪→北京→重慶/成都→大阪で、これは「乗り継ぎ」と「オープンジョー」です。大阪-成都の単純往復が2万円ぐらい、この3フライトで税込22,000円ほどだったので、別々で買うよりも絶対に安い。

=====

なお、All Aboutでは、国内旅行の「飛行機の旅」ページに加え、海外旅行の「航空券」ページも担当することになりました。これまで飛行機や空港の話題、All Aboutでは国内線のみ、国際線などはAll About NEWSのみだったので、今後はガイドページでも、国際線、海外エアラインや海外の空港などについても、どんどん掲載したいと思います♪

++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

あわせて読みたい