【ANA】 新型コロナで特別対応 マイル期限延長と搭乗ポイント2倍

新型コロナウイルスの感染拡大で、航空会社は、
さまざまな対策を講じる中、ANAが3月19日、
マイルや搭乗ポイントなどの特別対応を、
新たに発表しました。

ANA公式サイトの説明ページ(↓)
ANAマイレージクラブの特別対応について(2020年3月19日更新)

これについて、解説します。

>> 海外旅行保険のAIG

【目次】

1. マイル・ANA SKY コインの有効期限延長
2. プレミアムポイントの特別倍率での積算
3. 特別対応の対象でないポイント
4. JALはどうなるの?
【まとめ】

1. マイル・ANA SKY コインの有効期限延長

まず、「マイル」「ANA SKY コイン」の有効期限の延長が、
発表されました。

■ 対象:2020年3月31日(火)から2021年2月28日(日)までに有効期限を迎える
「マイル」「ANA SKY コイン」

2021年3月31日(水)まで有効期限を延長

つまり、有効期限が最大で1年延長、となります。
もうすぐ有効期限だからと焦らなくてOK!です。

気を付けたいのは、有効期限を迎えた「マイル」「ANA SKY コイン」は、
一度失効するものの、翌月下旬頃に、2021年3月31日(水)の有効期限とし、
同数の「マイル」「ANA SKY コイン」が積算される、とのこと。
あと、自分で申請する必要もありません。

ちなみに自分が持つANAマイルを見ると、最短で2022年4月が、
有効期限だったので、これは関係なく・・・
先月、今回の件とは別に、有効期限忘れがいつも怖くて、
マイルをコイン化して航空券を買ったのでした。

2. プレミアムポイントの特別倍率での積算

次に「プレミアムポイント」について。

■ 対象:2020年1月1日(水)から2020年6月30日(火)までの、
ANAおよびANAグループ運航便の搭乗で獲得した、
「プレミアムポイント」数を通常の2倍に

既に搭乗した分も遡って2倍になるとのこと。

プレミアムポイントは、搭乗に応じて積算されるポイントで、
1年間のこのポイント数に応じて、次年度のステイタスが、
決まります。

例えば、自分が先日乗った、大阪(伊丹)→東京(羽田)の場合。

820ポイント→1620ポイント

・・・となる!? ( ゚Д゚)

1月にホヌでハワイに行ったので、これも該当するようです。
なんてこと・・・

気を付けたいのは、特別倍率なのは「ANA」「ANAグループ便」で、
提携航空会社(シンガポール航空など)だと通常倍率です。

あと、おなじみ「400ポイント」も2倍になるのかは、現時点で不明。

3. 特別対応の対象でないポイント

他社でも、プレミアム会員向けの特別対応が出ている中で、
ANAで、現時点で対応外の点は、以下です。

■ 2020年3月31日までの「ステイタス」は延長なし
■ 同「アップグレードポイント」の延長もなし
(3月31日までに必ずSKYコイン化を!)

4. JALはどうなるの?

JALは、今のところ、公式サイトでの発表はありません。

JALも特別対応を発表しました。
詳しくは(↓)

【JAL】 新型コロナで特別対応 マイル期限延長・搭乗2倍ポイント

「JALメールニュース」の配信を【登録する】に、
しておくことをおすすめします。

【まとめ】

次々と便が運休・減便となり、入国規制も増え続けている現状、
飛行機に乗る機会が減ると、ステイタス(上級会員)の維持など、
長期化の気配もあるので、特別対応を発表する航空会社が、
けっこう出てきています。

今の状況を顧みると、不要不急の行動を自粛するよう、
国からお達しもあるため、不要不急となる搭乗も、
できる限り控えるのが得策と考えます。個人的には。

状況を見ながら適切に動く、のが大事です。



You may also like...