新型コロナ 飛行機 国内線キャンセルできる? ANA・JALとLCCの対応

新型コロナウィルスによる肺炎関連、続き。

もし、新型肺炎にかかったら、航空券、特に、日本の国内線が、
キャンセルできるのか、手数料はかかるのか?という件。

改めて、調べてみました。

2020年3月26日追記

>> JALカードキャンペーン中!

【目次】

1. ANA国内線の場合
2. JAL国内線の場合
3. LCC「ピーチ」の場合
4. そもそも新型肺炎にかかったら・・・
5. 航空券を買う前に考えてほしいこと

1. ANA国内線の場合

まず、ANA公式サイトで、新型コロナウィルスによる肺炎で、
国際線とは別に、国内線にも、特別なお知らせが、
掲載されています。
(イベント中止、テーマパークの休業なども含まれます)

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う国内線航空券の特別対応について

■対象となる【航空券】
国内線全航空券(国内線特典航空券、国内ツアー航空券含む)
旅作なども含まれます!

- 予約便の変更、払い戻しが手数料なし!
- 電話だけでなくANAウェブサイトからも手続き可
- 旅行会社で申し込んだ場合、旅行会社へ連絡を

上記の期間に限らず、覚えておいたほうが良いこと。

肺炎を含む感染症の場合、そもそも搭乗することはできません。
その旨の注意書きが掲載されています。

感染症・インフルエンザに感染している恐れのあるお客様

また、医師の診断書を提出すると、航空券を手数料なしで、
全額払い戻してくれる制度があります。
肺炎ならば、「医師の診断書」が得られるはずです。

変更・払い戻し(国内線)

病気は該当しませんが、イベント中止などが発生し、
旅行自体をキャンセルする場合、通常期でも、
手数料等がカバーできる旅行保険があります。

ANAのキャンセル保険「そらもよう」

2. JAL国内線の場合

次に、JAL公式サイトを見てみます。

新型コロナウィルス拡大に伴う国内線航空券の特別対応について

■対象となる【航空券】
国内線全航空券(国内線特典航空券、国内ツアー航空券含む)
旅作なども含まれます!

- 予約便の変更、払い戻しが手数料なし!
- 電話だけでなくJALウェブサイトからも手続き可
- 旅行会社で申し込んだ場合、旅行会社へ連絡を

なお、通常期においても、国内線の搭乗前に万が一、
肺炎にかかった場合の対応、以下が参考になります。

診断書・同意書について

航空機搭乗により、他者に伝染する恐れがある重大な感染症の方または感染症の疑いがある方はご搭乗いただけません。

(↑)赤字で一番上の記載されています。

ご予約の変更・取り消し、払い戻し

「払い戻しの特例」があります。

ANA同様、ご本人または同行者の病気などで搭乗が難しい場合、
「医師の診断書」の提出を条件に。取消/払戻手数料なしに払い戻し、
という制度です。

3. LCC「ピーチ」の場合

LCC(格安航空会社)の場合はどうなるのか。
まずは「Peach」(ピーチ)から。

新型コロナウィルス関連肺炎に関する対応について

公式サイトでは、日本国内線は、通常通りの対応。
特別対応を行っています ※2020年3月26日追記

路線によって対応が異なりますのでご注意を。

いずれにせよ、もし新型肺炎などと診断されたら、
ひとまずPeachに電話やチャットで相談するのを、
おすすめします。

さらに心配な方は、Peachの旅行保険「チケットガード」に入ると、
急な病気で、取消手数料の分をカバーしてくれます。

Peachチケットガード

※新型コロナウィルス関連ではチケットガードによる保険が、
対象外となるケースが多々あります。詳しくは(↓)
よくある質問 | チケットガード

LCC「ジェットスター」は特別対応(2020年3月5日)

一方、ジェットスターにも、特別な案内がありますが、
国内線についてのはっきりした記述はありません。

国内線における特別対応が発表されました。
全路線、変更またはフライトバウチャーでの払い戻しが可能です。
対象期間にご注意ください。

新型コロナウイルス関連肺炎の発生に関する当社の対応について

4. そもそも新型肺炎にかかったら・・・

もし、新型コロナウィルスによる肺炎にかかったら。

もはや旅行どころではありません。公私ともに。
飛行機の搭乗など、もってのほか。
指定された病院へ行く、保健所などへの連絡など、
自分の身体を最優先に行動してください。

家族が感染した場合も同様です。
無症状でも「陽性」の可能性があります。
くれぐれも慎重に行動してください。

航空券の払い戻し云々は、できれば出発前に済ませておきたいので、
家族にデスクへ電話してもらうなり、ヘルプを求めましょう。

5. 航空券を買う前に考えてほしいこと

新型コロナウィルスによる肺炎の感染が、日本国内にも広がり、
毎日、感染者が増えている状況で、終息する気配が見えません。

事態が落ち着くまで、それでも飛行機に乗らなければいけない場合、
以下のように行動するのが最善かと思います。

■ ANAやJALなど大手でサポートが手厚い航空会社を利用
■ キャンセル時の手数料が高い運賃を避けて購入
■ パックツアーは通常、国内なら20日前までキャンセル無料
■ 最新情報を逐一チェックする

>> お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



You may also like...