新型コロナ ゴールデンウィーク(大型連休)の旅行、控える?それとも行く?

2020年のゴールデンウィーク(大型連休)に合わせて、
旅行を既に計画済み、支払い済みの方も多いと思います。

ただ、新型コロナウイルスの感染が世界中に広がり、
入国できない国や地域もかなり増えています。

いつ収束するかの見通しも現在まだ立っていません。
(2020年3月現在)

既に旅行を申し込んでいる場合、やはり旅行は控えるべきか、
また、キャンセルが無料でできる期限まで考えるべきか・・・
ベストであろう解決法、アドバイスします。

これから計画中という方は延期されることを強くおすすめします!

【目次】

1. 海外旅行の場合。無料キャンセル期限は?
2. 国内旅行の場合。無料キャンセル期限は?
3. 帰省はどうするべき?
4. 「リスク」を最大限減らす予約方法
【まとめ】

1. 海外旅行の場合。無料キャンセル期限は?

まず、海外旅行で「ツアー」を申し込み済みの場合。

一般的なツアーは「募集型企画旅行」であり、このキャンセルは、
実は、国の法律で、無料となる期間が定められています。

標準旅行業約款 – 国土交通省(PDF)

■ ゴールデンウィークなどの繁忙期・・・出発の41日前まで無料
■ 通常期・・・出発の31日前まで無料

例えば、2020年のゴールデンウィーク初日(4月25日)から、
海外に出発するなら「3月15日」が、手数料が無料で、
キャンセルできる期限となります。
その後にキャンセルすると、旅行代金の20%、30%・・・が、
取消手数料となって、負担が増えていきます。

旅行のパンフレットにも必ず記載されています。
一番後ろのページなどに文字がギッシリのアレです。
ついついスルーしがちなので、今一度あのページすべて、
しっかり読んでおきましょう。

「航空券」「ホテル」を別々で予約している場合などは、
それぞれのキャンセル料がかかる期限があります。
飛行機が運休となれば、全額返金が基本です。

自分の都合やキャンセル料などよりも「安全」を、
最優先に行動するのは言うまでもありません。

あと、訪問する国や地域が、外務省の危険「レベル2」以上、
また、入国禁止などの措置が発令された場合、ツアーは、
キャンセルとなり、ツアー代金は全額返金となります。

2. 国内旅行の場合。無料キャンセル期限は?

一方、国内旅行のキャンセルは同じ国交省が定める法律により、
「出発の21日前」までのキャンセルだと、取消手数料が無料。

国内旅行だと、繁忙期も通常期も、同じ日付から、です。

ただ、海外より国内のほうが安全、ということも決してなく、
いわゆる「クラスター」が発生している場所もありますし、
「不要不急の行動を自粛してください」と、日本政府から、
通達が出ている限り、既に申し込んでいた場合を除いて、
新たに今、不要不急の旅行を計画して申し込む、というのは、
いくら安くても、おすすめはできません。

3. 帰省はどうするべき?

急を要する帰省であれば、不要不急にあたらないこともある、
と、考えます。あくまで個人的な考えですが。

ただ、帰省先に高齢の家族がいる、という場合は、感染する恐れ、
があるのを、くれぐれも注意しないといけません。

もし可能なら、自家用車やレンタカーなど「車」で移動することで、
濃厚接触を若干減らすのも手かと思います。

4. 「リスク」を最大限減らす予約方法

■ 海外旅行は現状、諦める。もしくは延期
■ 国内旅行も不要不急の場合、今は控える。延期する

どうしても・・・という場合は。

■ 飛行機やホテルなどは直接、公式サイトから予約、決済する
■ 飛行機の予約はキャンセルの手数料がかからない運賃で
■ ホテルの予約は直前までキャンセル無料のプランで
■ 人が集まりやすい場所は避ける、手洗いとマスクなど必須
■ できれば公共交通機関よりも車を利用する、密室を避ける

【まとめ】

外務省より、不要不急の渡航についての自粛要請が出ました。
(2020年3月25日)
航空会社の運休や減便も大幅に増えています。

正直、今はもはや旅行という時期ではありません。
手数料を支払ってでも延期もしくはキャンセルする段階に、
近づきつつあるというか、その段階に来ています。

=====

予約、支払い済みの方は、できれば旅行会社や、
航空会社などが手数料無料の連絡が来るまで、
待たれたほうが良いです。
先にキャンセルすると、大型連休に関しては、
規定通りの手数料を支払わないといけません。
海外旅行しかも大型連休だと、旅費も多額で、
キャンセルでの手数料もかなり取られます。

あくまで個人的な見込みとして、大型連休も、
海外旅行ができる状況は厳しいと考えています。

外務省が危険レベルの「レベル2」を下げない限り、
旅行会社は基本、手数料無料での対応です。

>> 海外旅行保険のAIG



You may also like...