新型コロナ 「ホテル」のキャンセルをスムーズに行う方法

新型コロナウィルスによる肺炎の感染拡大で、
イベントなどは中止、テーマパークは休園など、
旅行として予約していた場合、航空券とともに、
ホテルもキャンセルしなければいけません。

まだ”キャンセル無料”である期間であれば、
そのままキャンセルすればよいのですが、
例えば、「キャンセル不可」の宿泊プラン、
キャンセル無料の期間が過ぎていた場合など。

できれば今回はお金を返してほしい・・・
という方々のヒントになればと思います。

【目次】

1. ホテルに直接予約している場合
2. 旅行サイト経由で予約している場合
3. 旅行会社で予約している場合
4. 「Airbnb」(民泊)を予約している場合
5. 【予約変更不可】プランの場合の対処法

1. ホテルに直接予約している場合

まず、ホテルに直接、電話やホームページから、
予約している場合。

実は最もスムーズにキャンセルができます。

もし、キャンセル不可の宿泊プランであれば、ダメ元でも、
ホテルに直接連絡、できれば電話で相談してみるのを、
おすすめします。

2. 旅行サイト経由で予約している場合

一方、「楽天トラベル」「じゃらん」ほか「エクスペディア」
「Booking.com」などの旅行サイトを経由して予約していたら、
まずはホテルに直接ではなく、旅行サイト対応となります。

直接予約している場合より、手間がかかる場合がほとんど。
何か起きた時に、けっこう面倒です。

返金などの対応は、最終的に「ホテル判断」となることが、
実は多いです。
時間はかかっても、粘り強く交渉してみてください。

3. 旅行会社で予約している場合

旅行会社でホテルや旅館などを予約している場合。
その旅行会社での対応となります。
大手旅行会社であれは、対応はお任せして大丈夫でしょう。

もし、自分の意と異なる回答の場合は、すぐに引き下がらず、
ちょっと粘ったほうがよいかもしれません。

4. 「Airbnb」(民泊)を予約している場合

「Airbnb」などの民泊の場合、ホスト次第です。

ただ、あまりに対応が・・・という場合は、Airbnbの、
カスタマーセンターに相談しましょう。
Airbnbのカスタマーセンター、何度か相談したことあります。
対応はとても早くてよいです。実は。

5. 【キャンセル不可】プランの場合の対処法

もし、宿泊プランが「キャンセル不可」である場合、
通常は、キャンセルしても、お金は一切戻りません。
ただ、今回は特別、という対応が若干数、見られます。

ダメ元で、宿泊先に相談してみてください。

実際、支払い済みのお金が戻ってきた、という声、
あります。宿泊先次第ですが。

最も避けてほしいのは、連絡したらキャンセル料がかかるからと、
連絡もせず泊まりもしない「無断キャンセル」です。

最悪の場合、ブラックリスト入り、する場合もあります。

>> 海外旅行保険のAIG



You may also like...