「GoTo」対象外 それでも行く?キャンセルすべき?

「GoToトラベル」キャンペーンが、全国一斉で一時停止!(2020年12月28日~2021年1月11日)

年末年始の期間もガッツリ含まれるため、航空券や鉄道のチケット、ホテルや旅館・・・すでに予約済みの人、相当いると思われます。

しかし。

別に旅行が禁止になったわけでも、旅行に言ったら罰則があるわけでもありません。ただ単に「GoToトラベル」による割引(35%)と地域共通クーポン(15%)がなくなるだけです。法的拘束力は一切ありません。だからぜひと、別に背中を押すわけでは一切ありませんので、あしからず。

今後の感染状況により、再開そして停止が繰り返される可能性も。

それでも、「GoToトラベル」なしで旅行へ行く場合について、注意点を含めて紹介します。

>> 最大2,500万円の旅行傷害保険

① 「GoToトラベル」で予約済み、そのまま行く場合

まず、すでに「GoToトラベル」で予約済みの場合。

もし、そのまま旅行へ行くと、「GoTo トラベル」で割引されていた分(35%)も支払わないといけません。追加分をどう支払うか、以下のパターンが主に考えられます。

■ 決済したクレジットカードから追加で引き落とされる
■ 宿泊施設のフロントで追加分を請求されるので支払う
■ 旅行会社に追加料金を支払う(店頭または振込)

インターネットで「GoToトラベル」プランを申し込んだ場合、対象外となる旨のメールが届いているはず。その内容を、まずはよく確認しましょう。対象外でも行く場合、旅行会社へ再度連絡する必要がある場合も。旅行会社から手数料なしで勝手にキャンセルされていることもあり得るので、くれぐれも注意してください。

「GoToトラベル」対象期間外だと、地域共通クーポンも、提供されません。もしすでに提供されていたら、旅行会社の窓口や郵送などで、必ず返さないといけません。不正利用は絶対ダメ。

ただ、星野リゾートなど一部の宿泊施設では、全国一斉停止に伴い、「GoToトラベル」と同額の35%引きで宿泊できるプランを発表しています。この場合は、追加の支払いは基本なし、地域共通クーポンがないだけです。

>> 高級ホテル予約、旅館予約なら一休.com

② 「GoToトラベル」予約済みをキャンセル→指定期間中に手続き!

「GoToトラベル」で予約した分をキャンセルする時は、『キャンセル期限』にくれぐれも注意すること。

もし、キャンセルする場合は【指定期間内】までに、もしくは【出発日の前】に必ず、キャンセルの手続きを。

手続きする先も間違えないこと。JTBなどの旅行会社で申し込んだなら旅行会社へ、楽天トラベルやじゃらんなどのOTA(Online Travel Agent)ならそのOTAへ、ホテルや旅館に直接予約ならそれぞれのホテル・旅館へ、キャンセルの手続きを行えばOKです。

キャンセルした時に「取消手数料」が発生しても、旅行会社や宿泊施設が処理してくれるか、いったん取られてもあとで戻ってきます。キャンセル料の無料は、国が決めたことなので。

もし、期限内にキャンセルの手続きを行わず、その後にキャンセルすると、通常通りの取消手数料を取られるので、要注意。

③  GoTo期間対象外のツアーはすぐ予約できる?

まだ予約しておらず、これからすぐ予約ができるのか、という答えは・・・

できます。空きがあれば、可能です。キャンセルの嵐で、むしろ空いているかも。

最初から「GoToトラベル」不参加の宿泊施設も、全国に半数ほどあります。これらの宿泊施設はもともと関係なく、ずっと予約を受け付けていますから。

④ GoTo対象外で、本当に旅行しても良いのか?

「GoToトラベル」キャンペーンが一時停止になっても、旅行に行くかどうか決めるのは、あくまで本人次第です。

ただ、新型コロナの感染拡大が、キャンペーンの一時停止になった最大の原因でもあり、国が帰省の自粛要請や「静かな年末年始を」と呼び掛けているため、不要不急の旅行、延期が可能な旅行などは、やはり控えたほうが良いと考えます。GoToイートやGoToイベントももちろんのこと、忘年会も新年会も人が集まる飲食の場も控えるが、今は鉄則。

「GoToトラベル」キャンペーンは、2021年6月末まで延期される見込み。キャンペーンが再開すれば、またお得な料金で旅行ができる、なにより、心から楽しめるかと思います。




You may also like...