GW2020 日本国内線の運航状況とキャンセルのタイミング 【新型コロナ関連】

日本での新型コロナウイルスの感染拡大が止まりません。
(2020年4月現在)

大型連休(ゴールデンウィーク)の旅行は、渡航制限が出ている、
海外旅行はもちろんのこと、国内旅行も自粛、控えるのが、
ベストです。

今から計画ならば、中止もしくは延期しましょう。

すでに申込済み、支払済みの場合、どう対処すればよいか、
以下、アドバイスとなれば幸いです。

>> 海外旅行保険のAIG

【目次】

1. 【GW2020】ANA・JALの運航状況
2. 【GW2020】peach・ジェットスターの運航状況
3. 飛行機だけじゃない! 空港バスなども確認
4. レンタカーなら大丈夫?
5. キャンセルのタイミング

1. 【GW2020】ANA・JALの運航状況

まず、ANAとJALに関しては、運休や減便が続々と増えています。
ただ、大型連休の前まで、ということがほとんどです。

各社とも、大型連休は繁忙期でもあり、なんとか運航したい、
という姿勢も垣間見られるものの、現状、非常に厳しい、
と考えられます(2020年4月13日現在)

航空券を手数料無料で払い戻すことができる「特別対応」を、
GW中を含む期間で、実施しています。今なら、全額返金。
旅行の中止または延期を、強くおすすめします。
(特別対応の対象期間にご注意ください)

以下のページで、最新情報が更新されます。
運休等が決まれば、メールで連絡も届きます。

■ ANA 新型コロナウイルスの影響に伴う路線・便数計画の一部変更について
■ JAL 新型コロナウイルス肺炎に関する運休・減便や航空券の取り扱い、入国制限などの各種対応について

その他の航空会社も類似の対応が見られます。
それぞれの航空会社の公式サイト等でご確認ください。

2. 【GW2020】peach・ジェットスターの運航状況

LCC(格安航空会社)各社も、運休や減便が相次いでいます。
運休の占める割合は、LCCのほうが多いぐらい。

そして、大手航空会社よりLCCのほうが、運休をさらに先まで、
すでに発表する傾向が見られます。
当然、大型連休を含まれています。

■ Peach(ピーチ) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一部の運航便の運休および減便について
■ ジェットスター 新型コロナウイルス肺炎に関する航空券の特別対応や各種対応について

LCCでも「特別対応」が実施されていますが、気を付けたいのは、
大手航空会社のように柔軟な対応ではないこと。
期間限定、現金での払い戻し不可など。お気を付けください。

3. 飛行機だけじゃない! 空港バスなども確認

飛行機は飛んでも、着いた空港で、バスや鉄道が、
運休や減便している可能性もあります。

今は、平時とは異なります。
空港からのアクセスもぜひチェックを。

空港からのタクシーも減っているかもしれません。
タクシーそのものの需要も減っているためです。
迎えに来てもらえるなら来てもらうのがベスト。

4. レンタカーなら大丈夫?

空港からレンタカーの予定という方も、要注意。
レンタカー会社も、需要が減ると、スタッフの数を、
減らしています。
下手したら、休業していることも・・・

これも到着する前に営業しているかなど再度確認するなど、
念には念を入れて、怠りなく。

5. キャンセルのタイミング

今年(2020年)のゴールデンウィーク、申込済みだけど、
いつキャンセルすればよいか(損にならないか)ですが、
もし、旅行会社等が手数料無料でのキャンセルを、
受け付けていれば「今すぐに」です。

タイミングとしては、航空会社や旅行会社などが、
手数料無料の対応を始めた時がベスト。
始める前だと、規定の手数料を取られます。

とはいえ、もったいないからと旅行を強行するのも、
今の時期、おすすめできません。
大手航空会社、大手旅行会社では、手数料無料の、
特別対応を実施しています。
対応してくれないのは、ごく一部。

大手のツアーなどはやや高めである一方、非常時の対応で、
大きな差が出ます。

>> JALカードキャンペーン中!



You may also like...