【ハワイ】 ANA A380「ホヌ」とハワイ島の旅 【vol.3】

ANAのA380「ホヌ」で旅したハワイ。「ビッグアイランド」と呼ばれるハワイ島を後にし、ハワイアン航空で再びコナからホノルルへ。

短いながらもホノルルでの滞在と宿泊したホテル、さらに帰国時のラウンジや搭乗レポなども。

■ これまでの記事

【ハワイ】 ANA A380「ホヌ」とハワイ島の旅 【vol.1】
【ハワイ】 ANA A380「ホヌ」とハワイ島の旅 【vol.2】

【7】帰国前のホノルル滞在とモールで買い出し

ホノルルに着き、日本へ戻る便は翌日11時30分発。空港近くのホテルに前泊した。ターミナルから徒歩15分。寝るだけなら十分。

今回はワイキキ方面に行かず、反対方面のパールシティのモールとスーパーマーケットで買い出し。ホノルルの路線バスは「1日券」があって運転手から買えるので、これが便利。大量の買い物を両手に抱え、再び路線バスで空港方面へ。

空港ホテル | エアポート・ホテル・ホノルルは一番近くてコスパ大!

ホノルル空港に一番近い「エアポート・ホノルル・ホテル」は1泊12,000円ほど。ワイキキよりはずいぶん安い 路線バスの1日券。行くたびに値上がりしている気が。どの路線も何度でも乗り放題。バスは治安にやや注意 パールハーバーにも近い大型モール「パール・リッジ・センター」
「Bath & Body Works」はいまだ日本未進出。安いのにデザインがおしゃれで使い勝手よく、アメリカで毎回まとめ買い オアフ島には「スターバックス」が本当にそこらじゅうにあって困らない ハワイといえばパンケーキを食べ忘れていたことに気づき、帰国前夜に「Pancakes&Waffles」で

【8】ホノルル空港、ANA「ホヌ」ホノルル→成田

帰国便もANAで、「ホヌ」運航の便をピンポイント予約。そして、A380就航に合わせてオープンした「ANAラウンジ」へ行くため、朝8時に空港へ到着したら早過ぎた。仕方なく、カウンターが開くのを立って待機。早めに開くことはなく、8時30分きっちりオープン。すぐに普段は混む保安検査場へ走って一瞬で通過し、ラウンジへ行くと最初の利用客だった(この時点で出発まであと3時間あまり)

ANAラウンジを一通り満喫した後、離れた場所にあるユナイテッド航空のラウンジへ。行きは20分歩き、帰りはターミナル連絡バス。帰国便は「ホヌ」2号機で、同じプレミアムエコノミー。10時間あまりのフライトはまたしてもあっという間だった。

【ANA】 ハワイ・ホノルル空港 ラウンジ 食事や入室基準は? 【体験レポ】
ホノルル空港 ユナイテッド航空ラウンジ訪問 軽食やドリンクは?

ホノルル空港のANAカウンター。朝8時30分のオープンに30分以上前から並んだ(1番乗り) アラスカ航空が日本と最も近いのがホノルル空港。この看板を毎回拝みに行く。懲りずにまた乗りたいエアライン 空港内の絶景スポット。手前にハワイアン航空が駐機してくるまで、しばらく待っていた
ANAが海外で唯一直営のラウンジ。コンコース「C」にあり、ホヌの1機が駐機するゲートのすぐそば ANAラウンジ内もハワイをイメージしたデザイン。座席数も多いが、出発直前はホヌ2機分で、ほぼ満席に ラウンジ内の大きな窓から駐機場と滑走路が見える。食事やドリンクも他のANAラウンジよりも格段に上
ユナイテッド航空のラウンジは、ホヌからは遠い場所にあり、たどり着くのにひと苦労 アメリカらしいラウンジ。ここも窓が大きくて景色がいい。ANAよりUAやOZ、ANZなどの客がメイン ユナイテッドクラブのラウンジのコーヒーは「illy」なのは、どの空港も共通。コナコーヒーもあった(ANAにはない)
ANAラウンジ内で偶然、JAL嵐ジェットに遭遇。窓越しに撮った1枚が旅の記念になった ホノルル空港を離陸直後、左手に見えたダイヤモンドヘッド。この写真は、ANA公式Instagramでも紹介された 機内食1回目。チキンとガーリックシュリンプなど、南国風。この紙コップもホノルル線限定
機内食2回目。プレミアムエコノミーはエコノミーとほぼ同じ内容。欧米路線よりも短いフライトだとこれで十分 ホヌがデザインされた「ポッキー」を、機内でもらった。パイナップル味 NH183 HNL-NRT A380(JA382A)帰りは「ホヌ」2号機。コックピットからパイロットが手を振ってくれた

【9】ANA国内線 成田→大阪(伊丹)

成田から、国内線乗継で、伊丹へ。国際線機材でおなじみ、NH2179便に乗った。普通席で、ビジネスクラスの座席。事前座席指定はできなかったが、ANAラウンジ(国内線)で座席を調整して、しかも窓側席だった(このパターンはよくある)

新型コロナの影響で、国際線からも、ボーイング777型機が大量に退役している。成田=伊丹線もずっと全便運休。

【ANA】 国内線で国際線「ビジネスクラス」に座る方法と搭乗レポ

成田空港に着いたら、マリオがお出迎え。これ、関空も同じ。外国人へのアピールには最適のキャラ 成田空港の検疫に貼ってあった新型コロナ関連の張り紙。当時は本当にこれだけ。その後世界中に感染拡大 ANAが多く駐機する第1ターミナル。この光景がまた見られるのはいつの日か・・・
成田空港のANAラウンジ(国内線)でマスクをもらった。このラウンジは国内線ながら、軽食が置いてある NH2179 NRT-ITM Boeing 777-300ER(国際線機材) 普通席運賃で、ビジネスクラスの座席 このビジネスクラスの座席がやや古く感じる。コロナ後もうこの777に乗る機会はないかもしれない

>> 「旅」をテーマにした通販サイト JTBショッピング

   



You may also like...