【香港】 デモ・空港関連 旅行中の方 / 旅行予定の方向けの情報 ※8/18更新

香港関連 最新情報

香港国際空港のターミナルへの入場制限。
「有効の搭乗券」「身分証明書」が必要です。
それ以外の方はターミナル内に入れません。
ご注意ください。

外務省より危険「レベル1」に引き上げられました(2019年8月14日)
★レベル1・・・十分注意してください
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_016.html#ad-image-0

 


※画像はイメージです

■ 今、香港を旅行している

① 搭乗予定の便が運航されるかを確認(航空会社のHPなど)
② 空港までのルートを「複数」調べておく
③ 場合によっては「延泊」、ホテルのめどをつけておく
④ 在香港日本総領事館の連絡先と場所を把握する
⑤ ネット回線の確保(Wi-Fi以外、できれば複数)
⑥ 近隣の空港(マカオ、深圳、広州など)の便で帰国

帰国便について

航空会社の発表は逐一チェック(Twitterもおすすめ、現地語)
代替便の座席は「早い者勝ち」で、即行動が大事。
LCCの場合、帰国の航空券を別途購入する覚悟も。
ちなみに、キャセイは日本語ページも更新が早いです。

香港国際空港へのアクセス

空港鉄道、空港バス、タクシーのほか、
対岸のMTR東涌駅からの路線バスもあります。
徒歩で行けなくもないものの、スーツケースあると辛い距離。

延泊を余儀なくされた場合

延泊のホテル予約は「Booking.com」などで。
こんな状況なので、ずっと高値だった香港のホテルが今、
リーズナブルに泊まれます。

香港「日本総領事館」で相談を

最後は日本大使館、香港では「日本総領事館」です。
デモに巻き込まれたなどは即、ここに一報を。
香港島の中環(セントラル)、便利な場所にあります。
日本のお盆休みはない模様。

在香港日本国総領事館
★外務省 危険・スポット・広域情報:香港
キャセイパシフィック航空 香港国際空港をご利用のお客さまへ
キャセイパシフィック航空 運航状況(日本語)

【追記①】

香港国際空港以外に、公共交通機関でアクセスできる空港、
マカオ、深圳、広州などがあります。
香港から中国本土などへ陸路で”出国”し、日本へ直行、
もしくは、韓国や台湾、中国本土など経由で、
帰国する手もあります。(航空券は別途購入が必要)
中国は、日本のパスポートがあれば、15日以内であれば、
ビザなしで行けます。

■ これから香港へ旅行をしようとしている

① 旅行の中止もしくは延期を検討する
② 香港のデモ関連のニュースは逐一チェックする
③ 「たびレジ」には必ず登録してお
④ 現地SIMやWi-Fiルーターを利用(公衆Wi-Fi危険)

たびレジ – Ministry of Foreign Affairs of Japan

旅行の是非を検討、別の行き先や延期など

まだ予約していなければ、航空券などキャンセル可ならば、
ひとまず、香港以外の行き先に変更を。

実際、キャンセル料支払っても、今はキャンセルしても良い、
もはやそんな状況である気配すらします。

公衆Wi-Fi以外のネット回線の確保は必須

空港のWi-Fiが、遮断されたとも聞きました。
公共のWi-Fi以外のネットがあれば情報を得るのが早いので、
日本の空港でWi-Fiルーターを借りる、もしくは現地のSIM購入、
ネット回線の確保は必須です。

それでも行く場合、もう「自己責任」と言わざるを得ません。
くれぐれもご注意ください。
黒い服は着ない、デモを見たら逃げるぐらいの行動を。



You may also like...