★★毎年7月恒例「北海道」人生初の札幌ドームと札幌競馬場

2022年7月下旬、北海道へ。

実はその直後、もっと遠くへ行ったので、まだ1ヶ月も経っていないのに、はるか昔のことのよう。その話はまたいずれ・・・

7月の北海道は、2020年、2021年、2022年と、3年連続。その前には8月に行ったことも。「夏は北海道」が定着した理由は、「大阪が暑すぎるから」というのがそもそものキッカケ。身体のダルさが北海道に飛んで一気によみがえって以来、ひと夏に一度は北海道へ行くようになりました。気温が5-10度違う北海道は、本当に生き返る。今回も生き返ったと同時に、この夏をなんとか超えられそうです。まさに、身も心もクールダウン。

行きは「北海道の翼」エアドゥで。北海道に行くなら、エアドゥが最高。ただ、神戸空港が自宅からちょっと遠いのがネック。その往路で、エアドゥの機内販売をしっかり買いました。今回はド定番の玉ねぎスープ。

今回の北海道も最大の目的は「飛行機」「空港」ではあったけれど、その間に初めて行った場所もいくつか。その1つが、「札幌ドーム」でした。

BIGBOSSが見たいと、試合日程にも合わせたのに、BIGBOSSはコロナ感染で不在。試合当日まで悩んだ挙句、札幌ドームでチケットを買いました。BIGBOSS一色の球場は不在でもなかなかおもしろく、北国らしい球場メシも豪華。

来年から本拠地が移転するので、その意味でも来られてよかったなと。Jリーグ、コンサドーレの試合でまた来る可能性はあるけれど。

もう1ヵ所が、札幌競馬場。これも一度行きたいなと思いつつ、中央競馬は土日開催が基本なので、いつも平日だとなイドタイミングが合わなかった。

感想は「予想以上に素晴らしい競馬場」でした。芝生が多く、人が少なく、開放感ある場所。もし近所だったら賭け事関係なく毎週通ってしまいそうなほど、居心地よかったです。手持ちの機材で競走馬を流し撮りしてみると、サクッと撮れるニコンのZレンズすごい!(苦笑)

もちろん飛行機撮影も。ただ、天気が・・・帰る日の最終日だけ晴れただけ。遠征はいつも、天気が本当に難しい。この新千歳空港での撮影も、今までおそらく7、8割ぐらいは天気がイマイチで、空に恵まれたのは2、3割しかないかも?ぐらい。航空券が直前は高いのでかなり前に買っているから、撮影日の天気は本当に「運」に近い。これは海外遠征も同じ。

それでも、一昨年、昨年と比べると、運航便が増えたなと。一時期は今の半分以下かつ機材小型化で、待ち時間が長かったことを思うと、これだけ飛んでくるだけでもありがたいという気持ち。機材も「777」とか大型化し、空港は休日は大混雑でした。

北の大地は空気がきれいで、ごはんもおいしい。南国も良いけれど、北海道はいつも期待以上。

【お知らせ】

雑誌「航空情報」最新号(2022年9月号)
チャンギ空港 シンガポール航空の旗艦ラウンジを現地取材・撮影

■ 主な記事掲載
実は「国内」もお得だった!外資系の「ホテル修行」が人気の訳 (FRIDAYデジタル)
旅のプロがおすすめしたい、あえて「ボーイング787」を選んで乗る理由 (TripEditor)
もはや映画並み? 航空会社の「機内安全ビデオ」が近年、大変身を遂げている理由 (Merkmal)
羽田より成田がお得!実は意外と安くて便利な飛行機での旅テクニック (UrbanLifeMetro)

■ 参加者募集中!
・ニコンカレッジ「もう失敗しない!「流し撮り」を飛行機撮影で徹底マスター 【講評会つき】」(大阪開催)→詳細
好評につき定員に達しました。キャンセル待ち受付中

★SNSのフォローをお願いします★
-Twitter @akishikama
-Instagram @akishikama

You may also like...