【中国・深セン / 香港】 啓徳空港跡地と白亜の空港旅 【vol.3】

中国・深センには「深圳宝安国際空港」があり、日本からの直行便もある。

大阪=深センを深圳航空が当時、毎日運航しており、しかも、深圳航空はスターアライアンス。ただ、小型機の「737」で3、4時間あまりのフライトを中国人旅行者に囲まれながら耐えうる自信はとてもなく、空港のみ立ち寄ることにした。それほど、中国系航空会社は一筋縄ではいかない。

■これまでの記事

【中国・深セン / 香港】 啓徳空港跡地と白亜の空港旅 【vol.1】
【中国・深セン / 香港】 啓徳空港跡地と白亜の空港旅 【vol.2】

【6】深圳宝安国際空港の最新ターミナルと空港ホテル宿泊

深圳宝安国際空港は、モダン建築の巨大空港と聞いた通り、まるで宇宙ステーションかのような(ドバイとは違う意味で)豪華絢爛なターミナルに度肝を抜かれた。写真以上に、実物はすごかった。深センの地下鉄に直結する駅があって利便性も高い。

今回、このターミナル直結のホテルに泊まった。さすがハイアット、1泊1万円弱で広すぎる部屋と豪華な朝食ブッフェ。もう少し香港に近ければ定宿にしたかった。

【中国】 深セン空港 まるで宇宙船! 巨大ターミナルは映画の世界
空港スタバ | 中国・深圳宝安国際空港 中国限定グッズや店舗
空港ホテル | 深セン空港直結!「ハイアットハウス」 【宿泊レポ】

深圳宝安国際空港のターミナル内。真っ白な世界で近未来的。目がチカチカした 空港に展望デッキはない。ターミナルの端に、窓越しに離発着が見える場所があった その場所から撮った、海南航空の「787」パンダ塗装機。遭遇したのは、後にも先にもこの時のみ
中国国際航空のパンダ塗装機も着陸してきた。深センは発着便がとても多い。この機体も、遭遇はこの時だけ 空港内のスターバックス。カウンター席から下のフロアが一望できた 中国の「スターバックス」ご当地マグ。都市ごとにあると考えても、いったい何個あるのだろうか
ハイアットの入口。ターミナルの出入りは毎回、保安検査が必要。航空券は不要だった(当時) ハイアットのロビー。天井に紙飛行機が空港ホテルらしい。まだ開業したばかりできれいだった 「ハイアットハウス」で泊まった客室。4名は余裕で滞在できるほどの広さ。水回りも清潔で、さすがハイアット
ホテルの廊下から見えた飛行機をガラス越しに撮影。客室からは残念ながら滑走路はまったく見えず ホテルの朝食ブッフェ。飲茶などメニューは豊富で、ヤクルト飲み放題。中国のホテルは朝から豪華で味もレベル高い 素晴らしいターミナルをもう1枚。映画のセットのようだけど、ここは中国

【7】深セン空港から香港空港へ。これが大変だった

深圳宝安国際空港から香港国際空港へは、陸路で行くと地下鉄、国境越え、MRT、路線バスと少なくとも3時間はかかるが、1時間ほどで直行できる方法がある。高速バス(スカイリモ)または高速船。便数が多い高速バスにし、出発前日に切符を買った。そして翌日、出発時間になってもバスは来ず、飛行機の出発時間も刻々と迫り、かなり焦った顛末は別記事に書いた。

さすが中国。いくら旅慣れていても、次から次へと災難が降りかかる。

【中国・香港】 深センから香港空港を高速バス(スカイリモ)で国境越えしてみた

深圳宝安国際空港にあった、香港市内や香港国際空港行きのバス切符売り場。国際空港なのに英語が通じにくかった スカイリモは「深圳湾口岸」から香港へ入境。チェックポイントは大渋滞 深圳宝安国際空港にあったお菓子ショップ「真の味」。この手の謎の店名はけっこう多い

【8】帰りもANA、プラザプレミアム名物「ワンタン麺」

身も心もボロボロになって、香港国際空港へ到着。帰りはANA、日系というだけで、安心感が違う。その帰りこそ、767でも新しい座席を期待したが、なんと行きとまったく同じ機材。電源なしWi-Fiなし極小モニターの座席での帰路となった。

空港で、出発前に立ち寄ったラウンジのワンタン麵が絶品。いつもはキャセイパシフィック航空のラウンジでなかなか食べる機会なく、やっと食べることができた。数あるラウンジの中でも、プラザ・プレミアムはレベルが高い。

香港 「プラザ・プレミアム・ラウンジ」の絶品ヌードルバー 
【ANA】 国際線の特別機内食「シーフードミール」食べてみた結果

香港国際空港といえば、キャセイ。コロナ後はキャセイのみが並ぶのだろうか(ドラゴンは廃止) 1番ゲートに近い、プラザ・プレミアム・ラウンジ。わざわざここへ立ち寄る価値は大いにあった 香港名物「ワンタン麺」は滞在中毎日食べた。香港国際空港のラウンジはどこもレベルが高くて楽しい
ターミナル内に、チャイナドレスの展示。時期ごとにいろいろ展示している NH874 HKG-KIX B767(JA615A) 行きも帰りも同じ機材。767の旅客機はもはやANAしか見なかった(当時) 機内食。帰りもシーフードミール。やはり薄味。これにハーゲンダッツが付いてきた



You may also like...