【GoToトラベル】「ホテル・アンドルームス名古屋伏見」宿泊レポ(楽天利用)

2020年9月、愛知・名古屋出張。

大阪に住んでいると、名古屋は日帰りで行くことのほうが多い一方、近年はコロナ前から名古屋もホテルが過剰気味で安くなったおかげで、たまに泊まることも。今回は、夜に所用あったため、1泊。

楽天トラベル」で、クーポン&GoToトラベル、そして楽天ポイント(2500円分)で、支払いなんと1,000円ちょっと。激安。

GoToトラベルの場合、ホテルの公式ホームページなどから直接予約するより、「楽天トラベル」「じゃらん」などのホテル予約サイトで予約するほうが、事後申請などが不要なため、利用者の立場からもラクです(中抜き云々のアレコレは別として)

>> 日本最大級の楽天トラベル

今回泊まったのは「ホテル・アンドルームス名古屋伏見」です。最寄り駅は、名古屋から1~2駅の地下鉄「伏見」「丸の内駅」から徒歩5分ぐらい。地下道から直結などではないので、雨が降ると濡れるのが要注意(ちょっと濡れました)なのと、エレベーターが便利な場所になく、スーツケースを階段で持ち上げる必要あり。

表通りからはややわかりづらく、目印は隣りの「伊予銀行」です。

ホテルのチェックイン時、まずは検温と手指の消毒。そして「セルフ・チェック・シート」の記入を求められました。

コロナ禍では、もはや定番になってきた感があります。体温は36度ちょうど。シートはササっと記入。

フロントのカウンター上にあった「新しい旅のエチケット」などの告知。これ、他のホテルでもよく見るのと同じ。「読んでください」とか、特に言われなかった。

ちなみに、宿泊代金の支払いとルームカードの受け取りは、専用の端末で、自分で行います。

エレベーターの入口に、消毒液。そして、エレベーターの中にも消毒液と、コロナ禍での注意点などを記したポスターが。

ここで気づいたのが「ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ」だったこと。てっきり、独立系デザイナーズホテルだと思っていたので。ソラーレで代表的なのは、チサンホテル。チサンホテルといえば、ちょっと古めな感じのビジネスホテルと言うイメージだったのが、最近泊まっていなかったうちに今ちょっと流行りのデザイナーズホテルっぽく”イメチェン”したみたいです。

>> 【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!

エレベーターを降りると。

シンプルでおしゃれな空間。少なくとも、チサンホテルだった頃のビジネスホテルという雰囲気ゼロ。

最もリーズナブルで標準タイプ「スタンダードダブル」の客室。一番端でした。最近、端部屋を割り当てられることが多め(まさか宿泊客が少ないから?)

開業して1年半ほど、まだきれいです。ビジネスホテルよりは広く、備品などは無駄がない感じ。客室用スリッパも使い捨てだったのに◎

なによりよかったのは、風呂とトイレがセパレートであること!

ただ、窓はトイレの横、これ唯一です。だから、トイレの扉を閉めると、窓がなかったのが、ここ唯一のデメリット。

しかも、この窓はほんのちょっとしか開かない上、真横はすぐビルだから、景観ほぼゼロに近く。これホント、盲点でした。窓から外がよく見えないと、客室で過ごす時間がやや長い時はちょっと・・・です。注意。

風呂場には、窓はなし。

ただ、洗い場があるのは絶対に良いです。浴槽も、お湯を張って入ってみたら、足を伸ばせるほど広々。そしてなにより、まだ新しいので、水回りもきれいなままなのが快適。

ホテル1階が、京都・長岡京市にあるスペシャリティコーヒー「Unir」のカフェ(兼ロビー)で、一般利用も可。

朝食を頼むと、ここになります。客室には粉末の緑茶しかなく置いてなく、コーヒーは1階のこのカフェで。ただちょっと高め(400円~)ここで飲まずにスターバックスへ行ってしまい、ちょっと後悔。

コンビニ、ホテル周辺にいくつもあります。

まとめ

GoToトラベル、楽天トラベルのクーポンとポイントを合わせて、たった1000円足らずで泊まれたのは、なによりお得。まだ新しくてきれい。トイレと風呂がセパレートなのも、よかった点。ホテル全体や客室のデザインもおしゃれで、ビジネスホテル以上の居心地でした。ベッドもビジネスホテルにしてはよかった。ホテル1階がカフェ、周辺の徒歩5分圏内にはコンビニ、スターバックス、吉野家ほか、お店もたくさん。

敢えてのデメリットは「客室の窓がトイレ&洗面台のところにしかない」「駅からやや歩く、雨が降ったら濡れる」です。

コロナ対策、消毒液がそこら中に置いてあり、検温も直にしていたので、ほぼ万全だなという感じ。

>> 【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!



You may also like...