【飛行機】 機内持ち込みのリュックサック・スーツケース 【プロおすすめ】

飛行機に乗る時の「機内持ち込み」の手荷物ルールが年々厳しくなっています。

特に「LCC」のルールは厳格で、例えば7kgまでなら、7kgを超えると機内へ持ち込めません。カウンターでスケールの上に置いてスタッフが確認する、保安検査場の前のスケールに置いてクリアしないと保安検査すら受けられないこともあります。7kgでも、7.1kgでNGだったり、7.9kgまでOKだったり・・・は、航空会社によります(後述)

毎回搭乗するたび、特に、国際線ではちょっとヒヤヒヤしながら、機内持ち込みルールと日々戦いながら、「これならクリアしやすい」という感覚的なもの、経験から得られてきたことを踏まえ、おすすめのバッグなどをご紹介します。

■ おすすめの「リュックサック」

パソコンやカメラ機材などを持ち込みたい場合、「リュックサック」がおすすめ。カメラバッグだとちょっとごつくて見た目から「いかにも」という感じだけれど、リュックサックだと少なくとも外からは普通に見えます(苦笑)

個人的にずっと愛用しているのは「ノースフェイス」のリュックサック。

ポケットが多い、背中にノートパソコンを入れるスペースがある、強度がある、防水性がある、見た目以上に収納力がある・・・など、コスパ抜群です。もちろん中に入れるカメラ機材はしっかり保護します。

 

■ 機内持ち込みのスーツケースは必ず規定サイズ内で

どうしてもスーツケースを持ち込みたい場合、一般的な機内持ち込みの規定サイズ内であることは必須。たまに、海外製だと微妙なサイズの小型スーツケースがあり、持ち込みできないことも。以前、中国で買った激安スーツケースが、そうでした。

コスパ良いおすすめは「サムソナイト」。前に使っていました。強度はほどよく、荷物が入ります。ハードタイプなら、カウンターで預けても大丈夫。

 

スーツケースを消耗品、と割り切るなら、安価な商品もあり。とはいえ、最低限「車輪」だけはしっかりとしたものを選んでください。最初の旅行で壊れたら元の子もないので。

この白いスーツケース、実は持ってます。行きは機内持ち込み、帰りは荷物が増えてカウンターで預ける場合に備えて。海外の短期間だと、これです。意外と壊れない。

 

行きも帰りもスーツケースを機内に持ち込む場合、「リモワ」のサルサを使っています。今はなき2輪タイプで、4輪タイプのみ現在販売中。

座席上の物入れに入れるとよくわかるのが、リモワがベストサイズだということ。飛行機メーカーはリモワを基準にあの物入れを作ったのではないか・・・と思えるほど、ジャストフィットです。航空業界の関係者、リモワが多いですし。

■ スーツケースは「レンタル」できる、リモワも!

旅行のたび、スーツケースを買い足すのが面倒、スーツケースの置き場に困る・・・という人向けに、スーツケースが格安でレンタルできます。リモワなど、買うとけっこう高い、高級ブランドもラインナップ。必要な時だけレンタル、おすすめです。



【機内持ち込みで経験したあれこれ】

機内持ち込みのルールは、航空会社によって違います。

LCCの場合、「7kg」がほとんど。韓国系のみ「10kg」です。その3kgの差、すごく大きい。韓国系で機内持ち込み手荷物を計測されたこと、実はないです。

一番厳しいのは、身近なところ、ピーチ・アビエーション。関空だと必ず保安検査の前に計測されます。一方、ジェットスターの場合は「7kg台ならOK」と言われたこともあり、これは空港によるかと。

大手航空会社も、エコノミークラスで特にルールが厳しくなっているものの、こまめに計測している気配はないです。ただ、カンタス航空が「7kg厳守、ゲート前で計測します」的なアナウンスをするなど、今後はわかりません。ルールはひとまず守っておくのが賢明、というか当たり前になりそう。

あと、リュックサックよりもスーツケースのほうが、抜き打ち計測に当たる確率が高いです。イージージェットに乗った時、スーツケースはすべて機内の手前でピックアップされていました。自分はボストンバッグで、実際は重いのだけど、見た目で軽々と持っていたら、難なく通過したので、スーツケースは厳しめかと。

カメラ機材はどうしても減らせないので、機内持ち込みの手荷物をめぐる戦いは続きます(笑)



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...