大阪・伊丹空港 今さらながら地元の「JALサクララウンジ」

大阪・伊丹空港の「JALサクララウンジ」。どこの空港でどのラウンジを利用するのが一番多いかというと、間違いなくここです。理由は単純、地元だから。今年は(とある理由により)青いほうの会社が多めだけど、月イチはJALにも乗っています。

このラウンジ、同じJALでも羽田空港や新しい新千歳空港などはもちろん、世界各国の航空会社のラウンジと比べるまでもなく、同じ伊丹空港にあるANAラウンジと比べても、はっきり言って「イマイチ」です。敢えて表現すると「昭和レトロな喫茶室」。窓がなく、天井が低く、昔は喫煙OKだった名残なのかなんとなく天井などもお世辞にもきれいといえず(もちろん清潔さは徹底されていますが)、椅子もよく見ると破れているものも。

しかも、平日夜などは”居酒屋”と化します。大手4社のビールがサーバーで飲み放題、となるとほぼ皆さん、ビールです。羽田空港もそうですけど窓があるし広いからまだいい、伊丹空港のほうが狭いので余計に居酒屋の雰囲気が一様に増します。

ラウンジに置いてあるおつまみは、JALの幹線空港でおなじみ、スプーンでお皿に自分で取るタイプの柿の種とおかき。ANAのような袋にするとガサッと取っていく素行の悪い方々がおられるからでしょうか(よく目撃する) しかも、おかきだけよく取られていくので、運が悪いとオール柿の種という悲劇。

場所が、羽田便が出発するゲートの前にあるため、出発準備のアナウンスがラウンジ内に流れると、このラウンジからドバーーーーっと一斉に上級会員様がゲートに真っ直ぐ向かっていくのは、おなじみの光景。朝晩などは黒スーツのオジサマばかりなので、異様ではあるものの、慣れるとこちらの感覚もマヒしてまったく気にならなくなります(慣れって恐ろしい)

伊丹空港のサクララウンジ、実は2つあります。これとは別のラウンジは「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」で、ダイヤモンド会員、JGCプレミア会員、ワンワールド・エメラルド会員、もしくは国内線ファーストクラス利用者限定です。だから、上級会員でもサファイア会員以下、JGC会員が利用できるのは、このラウンジのみ。平日の朝晩はかなり混みます。

「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」のほうは大きな窓があり、滑走路ビューです。軽食が置いてあるよりも明るい雰囲気で(羽田便のゲートから離れているのもあって)空いている、だから気に入っていますが、このラウンジはもう相変わらず。

ただ、このサクララウンジの見どころもいくつかあって、その1つが、昔のJALの飛行機などの写真が飾られています。懐かしいです。といっても、これを見ている人を誰も見たことが今までないですが。

入口すぐの場所だから目立たないからでしょうか、むしろビールサーバーから遠くて気づかれないのでしょうか・・・

そして、受付に置いてあるのは、JALの整備士さんが余った部品で作った作品です。テレビの番組でも紹介されていた力作で、成田空港のサクララウンジに置いてあったのが伊丹空港で見つけた時はうれしかったです。

でもこの作品も見ている人に遭遇した経験も、ゼロ。ほとんどの上級会員様、搭乗券を機械にタッチした後は真っ直ぐビールサーバーへ・・・

伊丹空港、国内線専用であるとはいえ、JALの利用客の中ではトップクラスであるし、上級会員もかなり多いし、新千歳空港や福岡空港などはどんどんリニューアルされていき、いつまでもこのラウンジ古いままなのか、もういい加減になんとかして・・・・・と思っていたところ、先日受付でチラッと聞いてみたら、伊丹空港のリニューアル工事とともに一時閉鎖され、その後にリニューアル予定と聞きました。あぁ、やっとやっとやっと(笑)

ということで、伊丹空港のこのサクララウンジ、今のうちです。と思うと(ワガママだけど)名残惜しくもなってきました、地元でずっと利用し続けてきただけに。さて、どんなふうにリニューアルされるのか、今から楽しみです。ワクワク。

★JAL上級会員への近道・・・マイルがたまる「JALカード」



+++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

航空雑誌「月刊エアライン」で女子コラムを連載中 → 購入はコチラ
All About (オールアバウト) 飛行機の旅 ガイドのページ →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...