LCC ジェットスター「バウチャー」の使い道 新型コロナ延長も

LCC「ジェットスター」が、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、航空券の取り扱いで特別対応を実施中。ジェットスター便への振替または「バウチャー」での返金を行っています。※2021年4月現在

  • このバウチャーとは、如何なるものなのか?
  • 現金とは、何が違うのか?
  • 特別対応でのバウチャーは通常とは異なる?

今回の特別対応も含めたジェットスターの「バウチャー」の、正しい使い方をご紹介します。

※ バウチャーの期限、随時延長しています(2021年4月追記)

重要なお知らせ | ジェットスター

【目次】

1. ジェットスターの「バウチャー」には数種類ある
2. 「フライトバウチャー」とは
3. 「機内バウチャー」とは
4. 新型コロナでの特別対応用フライトバウチャー
【まとめ】

1. ジェットスターの「バウチャー」には数種類ある

まず、ジェットスターが発行する「バウチャー」には、いくつかの種類があります。

それぞれ詳しくは、次以降の項目で説明します。

  • フライトバウチャー
  • 機内バウチャー
  • ギフトバウチャー
  • 特別対応用フライトバウチャー

この「バウチャー」は【金券】のようなもので、航空券などの”自社商品”などに、現金代わりに支払いが可能。

使い方は、ANAの「ANAスカイコイン」、JALの「e JALポイント」や、peachの「ピーチポイント」とほぼ同様です。

2. 「フライトバウチャー」とは

まず「フライトバウチャー」について。

公式サイトの専用ページは以下(↓)

フライトバウチャー|ジェットスター

このバウチャーはどんな支払いに使えるかというと・・・

  • ジェットスターの運賃
  • ジェットスターの手荷物、座席指定などの料金
  • ジェットスター便搭乗での手数料や税金

【全額】または【一部支払い】に使えます。足らない分は追加で支払えばOK、余った分は没収です。その他の注意点は、以下。

  • バウチャーの利用は1枚に1度、本人のみ利用可
  • 発行から183日有効(約6か月)
  • ジェットスターWebサイト、空港カウンター等で利用可(機内利用不可なので注意!)

上手な使い方としては。

  • バウチャーの額面ピッタリで航空券を買う
  • 若干超過しても自分が使いたい路線に使う

3. 「機内バウチャー」とは

次に「機内バウチャー」について。フライトバウチャーとは別物なので要注意。

エコノミークラスの運賃で予約した際、機内での飲食や、機内販売商品の購入で利用できます。

機内バウチャーのご利用条件

  • 搭乗前に「事前購入」が必須
  • 機内バウチャーの使用は1回のみ
  • 未使用分は無効、払い戻し不可。交換等も不可

ジェットスターの航空券を購入した際、バウチャーが、付いてくる場合があります。その時は、搭乗した便の機内で必ず使い切りましょう。

自分もいつもスナックとか、必死に使い切ってます…..!

4. 新型コロナでの特別対応用フライトバウチャー

そして「特別対応用フライトバウチャー」は、通常のフライトバウチャーとは異なります。

特に、新型コロナ関連で発行されたバウチャーは、こちらに該当するので、くれぐれもご注意を。

特別対応用フライトバウチャーのご利用規約

  • バウチャーの額面金額を上限とし、ジェットスターの便で利用できる
  • 予約はjetstar.com、またはジェットスターのコンタクトセンター
  • ジェットスターの運賃、追加オプション料金、諸税およびその他手数料の支払いに利用可
  • バウチャー記載の金額内で、1回の予約に限り利用可
  • バウチャー記載の【有効期限】内に利用(超えると利用不可)
  • バウチャーの利用は【本人】または登録の連絡先のみ
  • もし余ったとしても差額分の再利用は一切不可
  • ジェットスター・ホリデー商品(宿泊、アクティビティ、送迎サービス、駐車料金、保険およびレンタカー料金等)の支払いには利用不可

バウチャー発行から6か月以内に、再予約で利用する。できれば使い切るのが、最もベストな方法です。

路線、運賃プランの指定などはないので、できれば、融通が利く運賃プランでの再予約がおすすめ。

【まとめ】

ジェットスターをはじめ、親会社のカンタス航空も、バウチャーを積極的に活用しています。

(参考)カンタス航空 航空券キャンセル後「バウチャー」使ってみた体験談

利用者からすると、現金で全額返金がありがたいのが本音。でも、何も返ってこないよりはありがたい。

ジェットスターは、日本の主要な観光地のほか、地方にも路線網が多いLCCです。今まで行ったことがなかった場所に敢えて行く、というのも良いです。新たな発見ができる!

せっかく手に入れたバウチャー、使わないともったいない。額面ピッタリに近い金額で使い切れるよう、旅行プラン、練ってみてください。

 



You may also like...