大阪・関西空港で人気絶大! 24時間営業「KIXエアポートラウンジ」

大阪・関西空港(関空)にある、24時間ラウンジ。航空会社のステータスもゴールドカードも関係ない、誰でも利用できる空港ラウンジです。

最初は「マンガ喫茶」だった、確か。今は「インターネットカフェ」と。でも、マンガ、今もありました。すごく多くはないけれど。

とりあえず、一番リーズナブルな「オープン席」。夜の19時ごろだったからか、空いていました。

DSC_5592

空いていると、オープン席でも十分快適。座席の下に電源もあるので、充電もできる。ちょっと仮眠したい人は、個室席がおすすめ。

オープン席だと1時間ちょっとで、入会費・年会費無料の「KIX ITMカード」利用で、300円ほど。スターバックスのコーヒーより安い。スマホの充電もでき、飲み放題だし、かなりコスパ良いです。このカードはなにかとお得なので、関空ユーザー必須。

ちなみに「個室」もあります。1人当たりでなく部屋単価。

ソファでゴロンと寝転がるには良いかも・・・毛布とかはないけれど。和室もあって、これが夜の仮眠スペースで人気だとか。

このラウンジ、窓がないのでちょっと閉塞感はあるけれど、許容範囲。関空は、ターミナルの構造上、難しいです。航空会社のラウンジも窓ありは珍しいですから。

とにかく、マンガは本当に危険ですね。止まらなくなる(笑)

近ごろ、23時以降の利用者が激増して、ほぼ満員なんだとか。深夜早朝便のLCC需要です。

関空内には、カプセルホテルなどの簡易宿泊施設はないですから、(2019年現在、エアロプラザにファーストキャビンが開業)殺到しているようです。気持ちはわかる。ちょっと高めのリクライニング席だと、仮眠ぐらいはできますし。有料だけど、シャワーもあります。自分も終電に間に合わなかったら、ここで始発を待ちますね。

All About 飛行機の旅 ページに掲載されました(↓)

待ち時間も快適! 関西空港のラウンジ徹底ガイド

 

(2018年12月追記)

2018年12月半ば、シャワーを利用しました。下の写真は、シャワー横のお化粧もできる洗面スペース。この時はスキンケア用品などは特に置いていなかったけれど、今はどうだろう。

やや古いけれど清潔なほう、シャワーやボディソープなどは完備。ただし・・・

タオルの無料貸し出しなし、有料購入は可

ちょっと盲点でした。たまたま大きめのタオルを持っていたので事なきを得たけれども。無駄な出費を控えたい方、これだけはお気を付けください!



++++++++++++++++++++++++++++++

Instagram 更新しています →
Facebook ページ →
Twitter →

++++++++++++++++++++++++++++++

You may also like...