【JAL】 関西空港 国内線「サクララウンジ」レポ 軽食やドリンクは?

大阪・関西国際空港の【JAL】のラウンジは2ヶ所。
国際線と国内線、それぞれ「さくらラウンジ」です。

国際線のさくらラウンジは以下の記事(↓)

【JAL】 関西空港 国際線「サクララウンジ」訪問 食事や居心地など

今回は、国内線のさくらラウンジへ。

>> 出張ならクラスJ

国内線のさくらラウンジは、第1ターミナルの国内線フロア(2階)
2ヶ所ある保安検査場で、JAL側(南ウイング)を通過してすぐ、
左手にあります。

JALおよびJALグループ便の運航に合わせての営業です。

関空のあのターミナルの構造につき、このラウンジも、
窓がなく、狭いです。

人が多いとちょっと窮屈そうだけれど、伊丹と違い、
また、ANAほど大きな機材も就航していないため、
いつもあまり人がいない、という印象。快適です。

そのおかげか、地方空港で見られる袋入りのおつまみ、
豊富に揃っています。もちろん、食べ放題。

伊丹や羽田、那覇などの幹線のさくらラウンジは、
このタイプのおつまみが置いていないので貴重!

おかきは「亀田製菓」なので、個人的に、ANAラウンジの、
ブルボンより好きです。美味しい。

日本茶は伊藤園、紅茶は「George Steuart Tea」で、
なんとANAラウンジと同じブランド!

日本の空港ラウンジ御用達なのかな、このブランド。
何度も飲んでいるけれど、安っぽい味ではないけれど、
高級な味でもない・・・つまり、けっこう微妙。
ラウンジにはちょうど良いのかな。

キャセイの「JING TEA」やシンガポール航空の「TWG」を、
知ってしまった身には、ちょっと。

コーヒー、そしてビールはサーバーです。
ま、JALもANAも、大半の利用客はビールですから、
お茶やコーヒーよりも、ビール。

(自分はアルコールは一切飲みません)

ラウンジ内、男女別のトイレがあります。
歯ブラシが置いてありました。これも珍しい。

Wi-Fiも、専用回線。電源、座席数にしては多め。

ラウンジは小さいながら、ないよりはあるほうが、
もちろんよいです。
最低限の設備はしっかり揃っていて、清潔感もあり。

このラウンジの利用資格は、JMBおよびワンワールドの、
サファイア以上とJGC、本人と同行者です。

>> JALカードキャンペーン中!



You may also like...